MENU

闇金からの催促嫌がらせ電話は対策すぐに解決します。

当サイトでは闇金からの取り立てや催促の電話に困っている方向けの対処方法
を説明したサイトです。

 

闇金からの電話や嫌がらせかをすぐに止めさせたい!逃げたいという方にお役に
立てる情報を掲載しております。

 

もし、あなたが、どこからも借金が出来なくて、これから闇金に借りたいと思って
いるのであれば、絶対にやめて下さい。
闇金からお金を借りて、幸せになった人はいません。

 

もし、借金で困っている、すぐにお金を借りたいなら、まずは
借金専門の弁護士に無料相談して下さい。
*闇金に強い弁護士とは異なります。
>>匿名で借金問題を相談できる弁護士法律事務所<<

 

 

闇金から既にお金を借りてしまった方へ

 

闇金にお金を借りると、想像していた以上の催促と取り立てに合うことになります。

闇金からの電話

 

最初は、支払いを続けているうちはいいのですが、対策をしないと、なんだかんだといって、完済をさせてくれません。

 

また、少しでも払い込みが遅れれば、毎日の様に闇金からの電話による取り立てが始まります。

 

脅しや嫌がらせはほとんど電話で行われますが、実際に
闇金からの電話にはどのように対策すればいいのかご存知ですか?

 

ここでは、闇金への電話対策の方法に関してまとめてみましたので参考にしてみてください。

 

注意! 
すぐに闇金からの電話を止めたい方は、
闇金に強い弁護士に相談して下さい。

 

当サイトでおすすめする、闇金に強い弁護士で無料相談してくれる
弁護士や法律事務所を教えます

 

闇金相談

 

闇金の電話での取り立て方法

 

闇金は、入金が遅れたりすると、給料日に合わせて取り立て
や催促の電話をしてきます。

 

もちろん、夜中でもお構いなしです。

 

 

闇金は相手が困ることをするのですから当然です。

 

 

また、着信拒否や居留守を使っても、会社に電話がかかってきます。本人が困ることは何でもやります。
そればかりか、家族や、親族など連絡がつくところにも電話がかかってきます。

 

そして、本人に電話をつなげという連絡です。

 

お金を借りて返済が遅くなれば、あなた自身への、闇金からの電話は覚悟出来ているかもしれませんが、何も知らない親族や職場への突然の電話をすることであなたが恐怖に陥ることを知っているのでこの様なことを平気でやってきます。

 

電話だけではなく、様々な脅しが続き何の対策もしないと、だんだんストレスでノイローゼになったり、家族の絆が壊れてしまったり、会社にもいられなくなるでしょう。

 

しかし、闇金はほとんどの場合、電話で連絡をしてきますので電話での対策が実は大切なのです

 

 

最初の電話対策方法が大事!

 

闇金も最初の方はある程度、こちらの状況を理解しようとしてくれますので、まず、闇金から連絡がきた場合、まずは丁寧に対策して下さい。

 

自分にはどの時間帯なら連絡がつくとか、その時間帯なら連絡がつくからその時間に連絡をして欲しいというように伝えましょう。

 

また、場合によっては、要件を留守番電話に入れてもらえれば、後から電話をするから、というように、ある程度相手と話をするようにしましょう。

 

そうすれば、家族など周囲に迷惑をかける可能性が低くなります。また、家族がいるときにも、今は話が出来ないから後でかけるというように、事情を理解してもらうように努めることが大切です。
 

 

闇金との電話の後にすべきこと

闇金の電話への対策方法

上記の様に、取りあえず相手の感情を逆なですることなく、丁寧に対策したならば、

 

次に大事なことは、すぐに闇金に強い弁護士に相談することです。

 

ご存知かもしれませんが、闇金は違法なので実際は返済する必要が無いのですが、素人である人が闇金に対策するのは非常に危険で闇金のプロには勝てません。

 

弁護士に依頼すると、
値段が高いのでは?お金を払えないから頼めない!闇金の仕返しが怖い 

 

と思い、弁護士に頼まない人が多いのですがこれは大きな間違えです!!!

 

 

下記に、闇金に強い専門の弁護士を紹介しておりますが、これらの弁護士事務所は、初回相談は無料ですし、

 

それ以降に掛かる費用も多くの場合、闇金に返済するお金より安くすみます。 そして、弁護士にお願いをすれば嫌がらせの
電話だけではなく、取り立てもはすぐにストップします。

 

当然の事ながら仕返しなんて心配はする必要は全くありません。闇金でもヤクザでもあなた一人からの回収の為に警察や弁護士にマークされる様なリスクは絶対にしません!
*勿論、弁護士や警察に電話したらただじゃおかない! 程度の脅しは言ってきますが。

 

下記当サイトで紹介するおすすめの弁護士は全国規模で対策が可能ですが、あなたとの相性もあるので、複数の弁護士事務所に
連絡を取り初回の無料相談をしてみて下さい。

 

複数の弁護士と話すことであなたも知識もつきますし、自分と相性が良く頼れる弁護士が分かると思います。

 

悩んでいるなら、すぐに連絡をとりましょう!

 

闇金電話対策おすすめ弁護士


デュエルパートナー法律事務所口コミ

Duleパートナー法律事務所の特徴

闇金に強い弁護士!と言ったら、Duel(デュエル)という位、有名な法律事務所です。闇金にただ強い、厳しいというだけではなく、現実的に早く闇金の嫌がらせや取り立てを止めさせる交渉が上手い弁護士事務所です。

価格 54000円
評価 評価5
備考 東京千代田区にオフィスのある法律事務所です
Duleパートナー法律事務所の総評

弁護士にしかできない口座・電話番号の凍結など、強硬な方法だけではなく、
交渉をして、依頼者の安心をいち早く取り戻す事に重点を置いた解決方法を提案してくます
<事務所について>

事務所名
Duel(デュエル)パートナー法律事務所
住所
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-2-7
淡路町駅前ビル9階
弁護士
正野嘉人(東京弁護士会所属 第19816号)

ウィズユー評判

ウイズユー司法書士事務所の特徴

比較的若い弁護士の方が多く女性弁護士もいるため、ヤミ金・借金に悩む女性の人に人気の事務所です。1ヶ月に受ける相談の数が最近非常に多くどんどん実績をつけています。

価格 相談無料円
評価 評価5
備考 女性の方で借金相談したい人におすすめ!
ウイズユー司法書士事務所の総評

事務所は東京ですが相談には全国対応です。色々な弁護士の方いるので自分に合わないと思ったら他の弁護士の方に話がしたいとお願いしてみましょう。債務整理、借金問題では色々な弁護士に合うのが一番良い方法です

事務所について
事務所名:ウイズユー司法書士事務所

司法書士・所属 奥野正智 大阪司法書士会会員 簡裁認定司法書士 第312416号
住所:大阪市北区東天満1-11-15 若杉グランドビル別館2F
費用

 ご相談・・・無料 費用・・・闇金業者1社5万円〜(税別)


 ※分割支払可 ※件数が多くなる場合、別途お見積もりいたします。 ※詳細はお問い合わせください。


エストリーガル法律事務所評判

エントリーガルオフィスの特徴

闇金の弁護士費用は、相談が無料で着手金が50,000円というのが
相場ですが、エントリーガルオフィスは、40,000円と他の事務所より安いのが
おすすめのポイントです

価格 40,000円
評価 評価5
備考 大阪に事務所がある司法書士事務所です
エントリーガルオフィスの総評

闇金問題に関するデータや実績が多く、司法書士という肩書で十分に闇金と交渉をしてくれます。
<事務所について>

事務所名
司法書士 エストリーガルオフィス
代表者
司法書士 東口 昌弘
大阪司法書士会所属 第3524号
簡易訴訟代理等関係業務認定番号 第612367号
所在地
大阪市北区豊崎3丁目4-14
営業時間
(平日)9:30〜21:00
電話番号
06-6123-7033

ジャパンネット法律事務所口コミ

ジャパンネット法律事務所の特徴

東京渋谷区に事務所がある闇金の実績が多い法律事務所です。 闇金相談費用は勿論無料ですが、この事務所のおすすめポイントは 着手金でさえも、後払いや分割支払いが可能というところです。

価格 相談 無料円
評価 評価5
備考 闇金5000件超の実績
ジャパンネット法律事務所の総評

闇金の相談実績は5000件以上、闇金問題に多くの実績がある弁護士事務所です。他の法律事務所よりも問い合わせへの回答が早く至急助けてもらいたい!という人におすすめです。

<事務所について>ジャパンネット法務事務所
司法書士 小宮山博之 東京司法書士会1392号 簡裁訴訟代理関係業務認定501079号
東京都渋谷区道玄坂1-19-11 道玄坂セピアビル9F

 

 

電話による催促への対処対策方法

 

闇金への支払いがだんだん滞り、督促がだんだん激しくなった場合も、電話では相手の気持ちを落ち着かせるように丁寧に話をしましょう。

 

どうして入金が遅れたのか、そしていつ支払いが出来るのかなど、ちゃんと説明しましょう。
支払いの全額を今は全額入金するのが難しいのなら、半額なら払えるということでも構いませんから、正直に伝えて、その時点で払える金額を伝えましょう。

 

それによって相手もある程度こちらの状況を理解してくれることがあります。

 

闇金に強い弁護士に相談するにしても、それまでは、相手の気持ちを必要以上に逆なでする必要はなく、これも必要な対策なのです。

 

嫌がらせにも冷静に対策しましょう

 

しかしながら対策もせずに、闇金への支払いが滞ると、嫌がらせや脅しはますます激しくなってきます。

 

本当はそうなる前に弁護士に相談することをおすすめしますが、脅しの段階まで進んだなら弁護士には早く相談しましょう。

 

また、電話での脅しは後で警察や弁護士に相談する際の被害の証拠となりますので、その様に言われるのは、脅しであって怖いということを闇金相手に話して、
その会話を録音しておくことが大切です。つまり、自分が脅されて怖い思いをしているという証拠を残しておくのが重要な対策です

 

 

闇金に強い弁護士は実は少ない

闇金の電話への対策方法

闇金の電話被害には、すぐに弁護士に相談することをおすすめしますが

 

いざ自分で弁護士を探そうとなると、どの弁護士が良いのか?費用が高くて頼めないのでは?

 

など、色々と悩む事があり、なかなか良い弁護士を探すことが出来ません

 

役所などに相談すると、初回相談30分5,000円という弁護士テラス等を紹介してくれますが、闇金に強い専門の弁護士で自分の要望に合う弁護士なかなか見つかりません

 

 

 

闇金の電話被害は相談だけなら無料です

 

「闇金に仕方なく借金をしたけれど、返すことが難しいかも
「金利が高すぎて返せない!元金が全然少なくならない!」と悩んでいるあなた

 

「でも、きっとなんとか解決するだろう。」「電話で誤れば許してくれる
などという考えを抱いてはいないでしょうか??

 

もしそうだとしたら、今すぐにそんな甘い考えを捨ててください!闇金から借金してしまったら、いかに大変な状況に至るのか、ちゃんと認識できていますか?

 

早急に対策をする必要がありますよ!

 

一番先に大変になるのが闇金の高額な金利

 

「トイチ」「トゴ」として知られているように、非合法な金利の請求に苦しむのは決まりきったことです。

 

そして期日に支払いできなくなってくれば、借金した本人のみならず、家族や親戚、友人や職場の人たちに電話だけでは無く、直接会って、巻き込んで卑劣な手段も全くじさないという勢いで取り立てと嫌がらせという電話攻撃が毎日毎日押し寄せてくるのです。

 

それだけじゃありません。返済が苦しくだんだんに追い込まれて、異常な精神的苦しみのために廃人のようになって、社会復帰することが困難な最悪の結果に至るという場合も大いに考えられます。
その段階での対策では手遅れになります

 

このサイトに辿り着いたあなたの運命も、闇金の問題を弁護士に相談するという対策を取ることで今日から変わります!

 

 

闇金ウシジマくんの内容は本当?

 

闇金をテーマにしているマンガですが、闇金からの融資を一度でも受けた登場人物が対策返済しようとして苦しむ姿は「あまりにも生々しくて恐い」「読んだら落ち込んでしまう」「あんな電話の脅しあるの?」などの口コミで話題を呼んでいます。

 

作者によるリアルな電話取材でもよく知られていて、このマンガに出てくるキャラクターの日常は、少しも他人事ではありません

 

闇金から借入したらどうしてもしなければならない唯一の対策とは。

 

やむを得なく闇金融業者から借金したという時にはどう対策すればいいといえますか?闇金から借りて必ずするべきたった一つのこととはなんですか。

 

闇金の電話への対策方法

 

それはまず焦らずに闇金に強い弁護士に相談することが一番の対策です

 

インターネットで調べたことを参考にしたり、どうにかして返そうとお金の用意をしたり、

 

消費者相談センターなどの機関に電話で相談、などの手段をとっても問題の解決にはたどり着けません

 

闇金というのは法律を適用するならグレーな範囲で融資しているのです。
なので、きちんと律の専門家に闘ってもらう必要があるのです。

 

 

まず第一に弁護士や司法書士に現在の状況を説明・相談することで、闇金による攻撃が今以上大きくならないように有効な助言がもらえます。

 

闇金で怖いのは、法外といえる金利で貸し付けをしていること。そのためどれだけ支払いをしても返済を済ませられなくて、絶えることのない借金の無間地獄借金と返済のスパイラルに入って抜け出せなくなってしまうことがまさしく本当に恐怖といえることなのです。

 

 

法律のプロに相談することで、多くの人がすぐに驚きます。それは弁護士に電話相談したとことで
ある事を知るからです。

 

それは、借りたお金、つまり元本でさえも返すことは義務ではないということを知るからです

 

そのうえさらに、既に返済した元本の利息も取り返すことが可能な場合もあるとご存知でしたか?

 

闇金融業者というものは、こういう事柄をすべて把握した上で融資しているので、それこそ意図的に当然のように違法な行為をしているのです。

 

それでも、大変残念ですが個人として闇金融業者に立ち向かい闘うのは非常に無理があるのが現実といえます。ですから、本当に取り戻せない状態になる前に、すぐにも電話でも良いので相談をはじめましょう。これが闇金の取り立てをやめさせる一番の対策方法なのです

 

闇金借りるきっかけと理由

 

金融機関や貸金業者などからキャッシングする人はとても多いですが、キャッシングに申しこめば誰でも融資を受けられるわけではありません

 

キャッシングに申込むとどこの金融業者でも審査があり、審査に通らないと融資を受けることはできません

 

審査基準は金融業者によって違いますが、どこの金融業者でも返済能力を重要視します。

 

返済能力は収入が多いことではなく、毎月決まった収入があることをいうので、正社員でなくてもしっかり毎月収入があれば返済能力があるとみなされます

 

毎月決まった収入はあるけれど、今までに返済延滞があると返済能力が低いとみなされ審査に通りにくくなります。いろんな金融業者から借金がある人も、個人信用情報機関に履歴が残っているので、返済能力が低いとみなされ審査に通りにくくなります。

 

金融機関や貸金業者の審査に通ることができない人でどうしてもお金が必要な場合は、闇金からお金を借りる人もいます。闇金とは違法な利息で融資する業者のことで、他の金融業者では借入を断られた人が利用することが多いです。

 

闇金は審査も甘く、過去に金融事故をおこしている人でも融資をする所が多いですが、初回から高額な融資をする所は少ないです。闇金でも初回は、5万円前後しか借りれないと思った方がいいでしょう。

 

闇金の電話への対策方法

闇金の取り立ては厳しく、なかなか借金を完済させてくれない所もあるので気をつけてください。

 

嫌がらせの電話やしつこい嫌がらせが続きますので、弁護士なりを使い対策をしないと人生が破滅します

 

債務整理をしたくても、闇金から借りて、電話対策をしていないと交渉もスムーズにいかないケースもあります。

 

闇金からお金を借りるとどうなる?実例

闇金の金利は法外であり、完済が極めて難しくなっています。そもそもお金がないときに借りようと考えたら、ほとんどの方は有名な消費者金融銀行を利用するでしょう。

 

怪しい業者に申し込みする方は、すでに通常の金融機関から借りることが難しいのです。銀行も消費者金融もダメで、街金でも断られた方が行き着くのが闇金だと言われています。

 

明日までに借金の返済が迫っているような状況では、人は冷静な判断などできなくなります。とにかくすぐに貸してくれる業者を探そうと必死ですから、怪しいと思っても借りてしまうわけです

 

闇金からお金を借りると、すぐに返済に逼迫するでしょう。金利は異常に高く、消費者金融や街金とも比較になりません。数百%や1,000%超えも普通に存在し、しかも数日ごとに返済が迫ってくるのです。

 

通常のローンだと指定の返済日まで返済すればよく、月に1回ずつ返していれば問題ありません。しかしこれが闇金となると、数日1週間といった非常に短期スパンで返済を求められます

 

1週間後に1万円の利息といった感じで請求されるので、返済できるはずがありません。そもそも返済能力のある方ならば、闇金に申し込んだりはしないでしょう。

 

闇金の取立てというのは、消費者金融とは比べ物にならないほど厳しいです。1日でも遅れると一日中、自宅や携帯に取立ての連絡が入ります

 

そのまま放置すればいいと考える方もいるでしょうが、最近の闇金は融資する前に親族の個人情報なども聞いてきます。親族に借金をバラされる可能性がありますし、業者が親族に対して返済代行をするように求めることもあるのです。

 

闇金の目的は利息を回収することなので、元金の返済は求めていないのです。それゆえ元金を返済させず、利息だけ回収しようとする業者もあります

 

一括返済を拒否された場合は、完済は無理だと考えて弁護士に相談をしましょう弁護士なら最短即日で取立てを止めてくれますし、今後の返済もなしにしてくれます

 

 

闇金の相談に弁護士が一番良い理由

闇金の電話への対策方法

闇金は犯罪組織ですので、相談をするなら警察が良いと普通の人は考えるかもしれません。

 

貸金業法では、金融業者を営むには国や都道府県知事への登録をしなければならないと定められています。

 

この法律に違反すると、重い刑罰の対象となります。また、登録はしていても、出資法で定められている20%という上限金利を超えた利息をとっている業者は、広い意味での闇金となり、これも犯罪となります

 

犯罪に対しては、警察に相談をするのがセオリーです。闇金の被害にあったら、まずは警察に被害届を出しましょう。しかし、都心部の警察などは多忙なので、被害額が少額な場合には動いてくれないこともあります

 

また、警察は証拠がなければ動かないということもあります。闇金は警察が動かないギリギリのラインを熟知しており、ギリギリのラインで違法行為を行ってきます。そのため、警察に相談をしてもなかなか解決しないということが多いようです。

 

警察は強い権限を持っているとはいっても、犯罪の証拠もないのにだれかの権利を侵すということはできません。闇金を捕まえるためには、犯罪の証拠が必要になります。証拠がない段階から強引な捜査はできませんし、積極的に被害者の味方をしてくれるわけでもありません

 

しかし、弁護士ならば、利害が一致していますので、全力で依頼者の味方をしてくれます。また、警察では民事不介入の原則がありますので、借金を貸した・借りたという問題には踏み入ることができませんが、弁護士なら積極的に民事の問題にも踏み入ることができます

 

弁護士に依頼をしたら、電話一本で闇金からの取立てが止まることもあります。闇金にとって、弁護士というのは最も苦手な存在です。

 

法律事務所には、得意分野・不得意分野がありますので、どのような依頼でも受けてもらえるわけではありません。交通事故問題を専門に扱っているところや、離婚問題を専門に扱っているところなどがあります。闇金問題を専門に扱っている法律事務所に依頼をすることがポイントとなります。

 

職場への電話を防ぐには

職場への電話を防ぐには

闇金の嫌がらせとして、職場に電話をしてくるのは常套手段です。

 

防ぐ方法としては、早急に弁護士に相談し、弁護士から闇金業者に連絡が入れば、すぐに
電話が無くなるので一番良い方法ですが、

 

弁護士にまだ相談していない場合で、始めて電話がかかってきた場合は、
まず、居留守を使い、折り返すように伝えましょう。

 

折り返しの電話では、弁護士に相談しないまでも、この様なしつこい取り立てをするならば、
弁護士に依頼するという姿勢を見せても効果的です。

 

稀に、弁護士に依頼したにも関わらず、闇金からの嫌がらせ電話が続く場合があります。
これはあなたの情報が他にリークした可能性もあるので、

 

その場合、会社の総務などに、身に覚えのないイタズラ電話がかかってくるので、
着信拒否をする様に依頼してみましょう。

 

闇金からの電話という事を説明する必要はありません。セールスや売り込みの電話でしつこくて
大変といえば、着信拒否設定をしてくれるはずです

 

 

闇金が取り立て電話を諦める方法は?

闇金が取り立て電話を諦める方法は?

昔は夜逃げしてしまえば、闇金も追ってこないと言われていました。
しかし現在は難しくなっており、踏み倒せないように契約時に親族・友人などの個人情報を聞かれるのが普通です。
踏み倒そうとすれば周りに迷惑がかかりますし、延滞するだけでも脅しをかけられます。
闇金を利用している方は、周りには絶対に内緒にしたいと考えていることでしょう。
遅延して親族・友人にバラされるのだけは避けたいものです。

 

現在において闇金が取り立てを諦めてくれる方法は、弁護士に依頼するしかないでしょう。
警察に通報するという手段もありますが、動いてくれないことも多々あります。
あまりにも闇金が多すぎるのも理由でしょうが、事件性の観点から着手は二の次になってしまうのでしょう。
事件によって優先順位があり、闇金問題の優先順位はかなり下となります。

 

闇金が少ない時代なら警察に通報するのが効果的でしたが、今は弁護士に解決してもらうのが得策です。
債務整理なしで解決できるのでブラックリストに載りませんし、費用も5万円あれば間に合います。
5万円で取り立てをストップし、さらに今後の返済も不要にしてくれるのです。
借入が50万円あろうと200万円あろうと、弁護士に依頼すれば返済は0円となります。

 

弁護士に相談してしまえば、取り立てしてくる闇金はまずいません。

 

業者側は深追いをしてもムダと考え、あっさりと手を引くはずです。
悪徳業者は非常に合理的に動くので、面倒だと感じると他のターゲット探しに動きます。
弁護士は必要に応じて警察と連携するなど、様々なテクを使えるのも強みです。
相談をして今より困ることは絶対にないので、まずは無料相談を受けましょう。

 

依頼をしようと決めたら、その場で契約を済ませてしまいましょう。
その後、弁護士が闇金に対して連絡・交渉し、取引の解消をしてくれます。
早ければ即日中から取り立ては止まりますし、ターゲットからも除外されます。
悪徳業者は面倒な相手に対しては、深追いしないものです。

 

 

弁護士に依頼し介入後にも電話が来た場合

最近では、弁護士に依頼したにも関わらず、闇金から電話が掛かってきたというケースが
報告されます。

 

これには、いくつかのケースが考えられます。

1.闇金業者内で弁護士介入の連絡報告がされていなかった

  当然のことながら、闇金業者も事務所には複数にいるので、その事務所内で弁護士が介入して
  きたという内部連絡がされていないケースがあります。

 

  この様なケースもあるので、焦らないで既に弁護士事務所に依頼済みである事を伝え、
  すぐにでも担当弁護士から連絡すると話して電話を切りましょう

 

2.弁護士に相談報告した以外の闇金業者であった

  複数の闇金業者から借金をしてしまい、弁護士に相談依頼をした時に、その業者の名前を
  言い忘れる事が良くあります。

 

  その闇金業者には、自分は既に弁護士に依頼済みであるので、今後の事については
  弁護士から連絡すると伝えましょう  

 

3.頭に来た闇金が数回の電話なら問題無いと思い電話をしてきた

  弁護士から闇金業者にこれ以上の嫌がらせや債権回収は出来ない旨を伝えても、しつこい
  闇金業者は再度連絡する可能性があります。
  その場合、脅迫というよりは、丁寧に情に訴える様に話してきます。

 

  脅迫まがいの電話でなければ、すぐに訴えられることもないですし、数回程度で、弁護士が
  訴えを起こしてくる可能性が少ないことを理解しているからです。

 

  その様な場合でも、闇金業者とは電話で話をせず、担当弁護士から電話する旨を伝えましょう

 

 

4.弁護士がまだ闇金業者へ告知をしていなかった

  弁護士への正式な依頼がされていなかった、又は正式依頼したものの、その弁護士の対応が
  遅く、闇金業者に連絡が届いていなかったというケースもあります。

 

  上記同様、闇金業者には弁護士に依頼済みであることを説明し、相談した弁護士に再度、
  状況を確認して下さい。

 

  対応が悪い様であれば、すぐにでも他の弁護士に相談しましょう

 

 

闇金とは?闇金の定義

 

 

闇金は無届けで貸金業を営んでいる違法な業者の事を指します。その存在自体が違法な上に、法律で決められた以上に高金利の利息を利用者から巻き上げています。闇金を利用している人の大半は、既に正規の金融業者ではお金を貸してもらえない人であったり、生活が困窮している等から安易に闇金に手を出してしまった人達になります。

 

 

闇金の悪質な手口とは?

 

お金を借りる際に初めから闇金に手を出す人は少数派です。普通ならまずは正規の貸金業者や金融会社でお金を借りる事が多いからです。しかし、多重債務者は既に正規の貸金業者などが提示した限度額いっぱいにお金を借りてしまっている事が多く、返済を滞らせてしまった為に他の金融業者から新たに借り入れをする事が出来なかったり、所得の絡みでこれ以上借金のための枠を作る事が出来なかったりします。

 

こういった人達は借金を借金で返していたり、借金を返済したせいで足りなくなった生活費を借金でどうにかしている事が多いため、いずれ破たんしてしまいます。その結果、困り果てた挙句に闇金に手を出してしまう事もあります。同様に自己破産をした人は数年間、新たにお金を借りることが出来ないので闇金のターゲットになりやすくなります。

 

闇金は表立って営業活動をすると、警察に摘発されてしまうリスクも高まるため、ひっそりと経営されています。普通の貸金業者で借りる事の出来なさそうな人のリストを作り、そのリストに載っている人達の家にチラシをポスティングしたりします。自己破産をした人は破産者リストに名前が載ってしまうので闇金業者も情報が得やすく、簡単に割り出されてしまいます。こういったお金を借りる場所に困っている人達を探し出す嗅覚に優れているため、いつまでたっても闇金の被害者がいなくなることが無いのです。

 

闇金は電話一本で融資をしてもらえる事が多く、闇金と書類契約を交わす事はほぼありません。手軽にお金を借りる事が出来るので、お金を借りた直後は助かったと言う気持ちの方が強いでしょう。しかしその後は超高金利の利息の支払いに苦しめ続けられる事になってしまいます。

 

闇金のチラシなどでは低金利・無担保・即日融資など、いかにも借りる側にとって魅力的な言葉が並んでいます。しかし実際にはこれは単なる釣り文句であり、お金を借りたら高額の利息を支払わなければならなくなります。闇金が融資する額は少なめで、だいたい5万円以内の貸付けを利用者に行い、その後は利息として万単位のお金を頻繁に取り立てに来るようになります。借りた額はとても少なくても、超高金利のため元金が減らないように出来ています。更に元金を減らさないように巧みに債務者を操ります。

 

闇金の利息は10日で3割〜5割など、とても高額になります。一年で3倍以上の返済額になってしまうため、到底返しきれるものではありません。これは一般の正規の貸金業者の上限金利である100万円未満18%、100万円以上15%の金利から考えると大変大きく外れている数値です。

 

 

闇金の取り立てはどれくらいしつこいの?

 

闇金はもともと違法な営業を行っている事を自覚しており、中には犯罪をもいとわないし摘発も恐れていないような業者も存在しています。そのため、一度闇金からお金を借りてしまうと、鬼のように厳しくしつこい取り立てに悩まされるようになります。

 

お金を回収する手段も、取り立てに来る時間も選びませんし、返済が滞り始めると家族・知人・職場など、ありとあらゆる所にやってきて嫌がらせを始めるようになります。債務者自身に返済能力が無かったとしても、身内に連絡をとれば更にお金をむしり取る事が出来る可能性が高いからです。

 

闇金の取り立ては時に債務者の会社だけでなく、その親や兄弟の会社にまで電話をしたりやってきたりすることがあります。子供がいる家庭の場合には子供に脅しをかける事もありますし、自宅や会社での待ち伏せは当たり前と言った状態です。

 

 

闇金にお金を借りてしまった…撃退する方法は?

 

闇金を撃退する方法は、闇金問題を取り扱っている弁護士や司法書士に依頼するしかありませんが、額によっては司法書士では扱えない場合がありますし、結局裁判になる場合には新たに弁護士を探さなければならなくなりますから、初めから弁護士に相談をするのが良いでしょう。弁護士の中には通常の金融業者なら仕事を請け負ってくれるけれど、闇金はお受けできませんとHPに書いている事務所もあります。そのため、闇金についても相談に乗ってくれる弁護士を探す必要があります。その際には信用がおける闇金相談機関から探すか、ネットなどで弁護士の口コミを確認しながら自分で探すしかありません。

 

債務者側も弁護士に依頼した後は、闇金への支払いを絶対しないようにしなければなりません。闇金の業者はそもそも違法営業なので返済の義務も無く、こそこそと営業しているのであまり大事になると摘発のリスクなどが高まるため、弁護士が入ると途端におとなしくなる事も多いです。しかし弁護士が介入してもまだ取り立てを止めない業者がいたら、ボイスレコーダーなどで証拠をある程度集めてから警察に被害届を出しに行きましょう。

 

闇金の取り立ての際に用いられる手段は主に脅迫と周囲への嫌がらせですが、自分の身や家族の身に危害が及ぶ事は稀だと言われています。弁護士などが介入したり、相手に支払いを拒否される頃にはすでに貸した元金は充分に元が取れていることが多いので、必要以上の犯罪はリスキーでしかない事をわかっているからです。闇金に手を出してしまったら、それ以上傷口が広がらないうちに弁護士に相談しましょう。

 

 

電話嫌がらせ対策おすすめサイト