MENU

ソフト闇金とは?闇金との違い

ソフト闇金とは?闇金との違い

 

貸金業者とは、お金を貸してそのお金を貸した手数料として金利をとることで利益を得る業者のことです。

 

お金を貸す業種としては、このほか銀行などの金融機関がありますが、その違いとしては所管する法律が異なります

 

銀行であれば銀行法を根拠に営業を行うためには免許を得る必要がありますが、貸金業者の場合には貸金業法を根拠に各種条件をクリアすることで、届出することで開業できる違いがあります。

 

このため貸金業者は銀行に比べて参入しやすいといったメリットがあります。

 

 

一方でこれらの貸金業法のもとづく登録を行っていない貸金業者もあります。そのような業者は無登録業者や闇金業者と呼ばれます。

 

以前の闇金では法外な利息強引な取り立てなどが問題になっていましたが、近年はソフト闇金と呼ばれるものも登場しています。

 

ソフト闇金と闇金の違いとしては強引な取り立てを行わないといったものがあります

 

一方で、その中身に関しては闇金と変わりなく法外な金利を設定するところがほとんどです。

 

基本的には強引な取り立てがないわけではなく、それまでの闇金と異なり強引な取り立てが少ないと表現した方が正しいものになります。

 

また闇金業者は違法な存在であるため、多くの場合には融資する人を見てから行います。

 

この点は信用度というよりも法的な救済処置をとらないような人選ばれる傾向にあります。

 

いずれにしても闇金ソフト闇金も約束通りに返済していれば強引な取り立ては行なわれませんが、一部の悪質な業者では完済させないような借入を強要する場合もあります

 

闇金に強い弁護士ランキング