MENU

警察が積極的では無い理由

警察が積極的では無い理由

闇金相談に警察が積極的ではない理由は、いくつか考えられます。1つは、警察には民事不介入の原則があることです

 

警察は国の機関であり、税金が投入されています。国民の大切な税金を使って警察という組織が運用されているということです。

 

公務員ですので、法律に従って動かなければならず、自分の感情でだれかの味方をしたり、だれかと敵対したりすることはできません。

 

公務員は国民の奉仕者なので、差別はできないのです。そこで、刑法などの法律に違反している犯罪者が相手でなければ、警察は捜査をすることができないようになっています。

 

お金を貸した・借りたという問題は民事的な問題ですので、それだけでは警察は動くことができません。お金を借りた先の金融業者がはっきりと違法な業者であることがわかっていなければ、動くことができません

 

闇金はたしかに違法業者ですが、表向きは正規の金融業者のフリをして営業しています。携帯電話だけで営業をしており、架空の住所・代表者などとなっているので、なかなかその実態はつかめません。簡単に解決ができる問題ならば、警察も動いてくれるかもしれません。

 

しかし、たくさんの時間とコストを投入しても、成果がでない可能性も高い闇金問題では、被害額が少額である場合には警察も動いてくれないことが多いのです。

 

都心部の警察などは特に忙しいので、「1つ勉強になったと思いなさい」とか、「弁護士に相談してください」などと言われることも多いようです。

 

また、闇金のような犯罪組織と言うのは、とかげの尻尾切りという手法がよく使われます。実際に犯罪行為を行っているのは下っ端の人間であり、組織の重要人物は指示を出しているだけでなにもしないのです。

 

そして、警察に捕まるのも組織の下っ端の人間であり、組織の重要人物はまた別のところで何食わぬ顔で犯罪行為を始めたりしています。このように、捕まえてもきりがないというのも1つの理由なのかもしれません

関連ページ

安心な闇金ってあるの?
安心な闇金ってあるの?
闇金の嫌がらせが職場に来ることは?対処方法は?
闇金の嫌がらせが職場に来ることは?対処方法は?
闇金からお金を借りてしまいました。どうすればいいでしょうか?
闇金からの嫌がらせの対処方法を悩んでいる方に私が経験した一番効果的な方法をお伝えします。警察や役場に行ってもダメでしたが、専門の弁護士が一番効果がありましたので紹介します。ヤミ金の電話や対策対応に多くの実績がある専門の法律家です。闇金の報復や復讐が怖いあなたの相談も無料で対応します
仕方なく利用してしまった場合の対処
闇金からの嫌がらせの対処方法を悩んでいる方に私が経験した一番効果的な方法をお伝えします。警察や役場に行ってもダメでしたが、専門の弁護士が一番効果がありましたので紹介します。ヤミ金の電話や対策対応に多くの実績がある専門の法律家です。闇金の報復や復讐が怖いあなたの相談も無料で対応します
弁護士に相談する時の準備
闇金からの嫌がらせの対処方法を悩んでいる方に私が経験した一番効果的な方法をお伝えします。警察や役場に行ってもダメでしたが、専門の弁護士が一番効果がありましたので紹介します。ヤミ金の電話や対策対応に多くの実績がある専門の法律家です。闇金の報復や復讐が怖いあなたの相談も無料で対応します