MENU

弁護士に相談する時の準備

弁護士に相談する時の準備

闇金による被害を解決するために弁護士に相談するのは最も良い方法ですが、

 

何も考えずに相談すると手間取ってしまい、情報を集めるために一度自宅に戻ったり、手間取って相談の時間が延びてしまいます

 

少しでも手早く済ませるためにも、ある程度の準備はしておくようにしましょう。弁護士側としては個人の感情や意見などは求めておらず、主観ではなく客観的な事実から物事を考えるようになっています。

 

そのため、口で説明するよりもメモに取った内容を重視するので、闇金による被害なども日記形式や箇条書きした情報がありがたいと考えています

 

まず重要なのは闇金の情報なので、担当者の名前や会社名、固定電話や携帯電話などの電話番号、融資を受けた金額、毎月の返済額などをまとめた内容が必要です。基本的に発行することはありませんが、契約書などがあればそれも準備しておきましょう。

 

次に闇金との契約時に、相手に知らせた内容も必要になります。大抵は債務者の個人情報だけですが、取り立てから逃げられないように、親戚や友人などの連絡先を聞いてくる業者もいます。これらの連絡先を知らせていた場合は、その情報も弁護士に伝えておきましょう。

 

闇金業者だと分かるのは法外な金利や利息の支払い以外にも、厳しい取り立ての内容からも知ることができます。いつどのような取り立てを行われたか、日記に記しておけば問題ありませんが、無い場合は記憶を辿ってなるべく詳細に書き出しておきます

 

嫌がらせや暴言の内容はもちろんのこと、日付や時間帯なども重要になってくるので、これらもしっかりとメモしておくことが重要です。

 

過去に闇金を利用していて、完済したから関係ないと思う人も多いかもしれませんが、大抵は繋がりのあるものが多いので、利用していた過去も含めて関わったことのある闇金業者をリストアップします。

 

他にも一般のカードローンなどの契約があれば、これらも含めて借金している内容を書き出しておきましょう。弁護士側は闇金に困っているということが分かっていても、本人の立場や状況までは把握できません。そのための情報なので、書き出せる分は全てメモにしておくことが大切です

関連ページ

安心な闇金ってあるの?
安心な闇金ってあるの?
闇金の嫌がらせが職場に来ることは?対処方法は?
闇金の嫌がらせが職場に来ることは?対処方法は?
闇金からお金を借りてしまいました。どうすればいいでしょうか?
闇金からの嫌がらせの対処方法を悩んでいる方に私が経験した一番効果的な方法をお伝えします。警察や役場に行ってもダメでしたが、専門の弁護士が一番効果がありましたので紹介します。ヤミ金の電話や対策対応に多くの実績がある専門の法律家です。闇金の報復や復讐が怖いあなたの相談も無料で対応します
仕方なく利用してしまった場合の対処
闇金からの嫌がらせの対処方法を悩んでいる方に私が経験した一番効果的な方法をお伝えします。警察や役場に行ってもダメでしたが、専門の弁護士が一番効果がありましたので紹介します。ヤミ金の電話や対策対応に多くの実績がある専門の法律家です。闇金の報復や復讐が怖いあなたの相談も無料で対応します
警察が積極的では無い理由
闇金からの嫌がらせの対処方法を悩んでいる方に私が経験した一番効果的な方法をお伝えします。警察や役場に行ってもダメでしたが、専門の弁護士が一番効果がありましたので紹介します。ヤミ金の電話や対策対応に多くの実績がある専門の法律家です。闇金の報復や復讐が怖いあなたの相談も無料で対応します