MENU

090金融の踏み倒しは甘くない!借り逃げは出来ない

090金融の踏み倒しは甘くない!借り逃げは出来ない

090金融というのは、携帯電話だけで営業している金融機関のことであり、すなわち闇金のことです。最近では携帯番号が080からはじまることも増えていますので、080金融とも呼ばれています。

 

携帯電話というのは、固定電話に比べて偽装がしやすいので、信用がありません。詐欺や犯罪被害にあったとしても、相手の携帯電話番号しかわかっていない場合には、警察でもどうしようもないこともあります。

 

よく、携帯電話番号という個人情報がわかっているので、もしも被害にあったとしても警察がなんとかしてくれると考えている人がいますが、これは大きな間違いです。携帯電話番号は、虚偽の住所や氏名で登録をする方法もありますので、警察が本気で捜査をしても犯人が捕まらないケースもあります。

 

また、警察も忙しいので、被害額が少額であるケースでは、本格的に動いてはくれないことも多いようです。被害届は出しておくべきですが、警察にまかせていればお金が戻ってくると考えるのは、甘すぎる考え方です。

 

逆にあなたが090金融を利用して借りたお金を踏み倒ししようとしているならば、絶対にやめてください。

 

090金融も闇金も違法だから、返す必要なはない、
いざとなれば警察に助けを求めれば、そこまでは取り立てしてこないだろう

 

その様な甘い考えは止めて下さい。

 

 

被害相談は

090金融の踏み倒しは甘くない!借り逃げは出来ない

闇金とは関わらないのが一番ですが、もしも被害にあってしまったら、すぐに闇金専門の弁護士に相談をすることが重要です。

 

相談をするのが早ければ早いほど、被害をおさえられます。

 

闇金は犯罪組織ですので、家族や職場、友達まで巻き込んでしまって、人生に大きな影響が出てしまうこともあります。なるべく早い段階で解決をしてしまうようにしましょう。

 

闇金のような違法業者と結んだ契約は、法律的には無効になりますので、利息に関しては支払う必要はありません。しかし、個人で交渉をしたところで、相手が応じてくれるはずもありませんので、弁護士や司法書士などの専門家に依頼をする必要があります。

 

個人で犯罪組織と戦おうとするのはリスクが大きく無謀ですのでやめておきましょう。

 

闇金のような違法業者が最も苦手とするのは、力のある弁護士などです。闇金専門の弁護士に依頼をすることが、一番の解決策です。

 

その他の闇金詐欺

 

紹介屋とは、簡単に言えば、お金を借りたい人にお金を貸してくれる金融機関を紹介し、手数料を搾取する詐欺業者のことです。紹介して手数料を取るのは別に違法ではありませんが、紹介屋の手口はその過程で嘘を吹き込んでいるため、詐欺にあたります。

 

どのような手口が多いのか、見ていきましょう。

 

 

紹介屋の手口

 

まず、お金を借りたい人に、普通ならあなたはお金を借りることはできないが、自分が紹介する業者なら貸してくれる、と話を持ちかけてお金を借りさせます。しかし、実際にはその人は紹介などなくてもお金を借りられる人です。

 

そして、紹介する業者は一般の消費者金融であり、紹介屋は口利きをしているわけでもなんでもありません。なんの手助けもしていないのに、普通にお金を借りることができた相手から手数料を搾取します。

 

なぜこんな手口に騙されるかといえば、紹介屋の巧妙な話術で自分がブラックリストに記載されていると思い込んでしまうからです。

 

過去に延滞などをしていない人であれば、ブラックリストには記載されません。

 

しかし、紹介屋は、有料サイトの月額料金を滞納したことがある、などと言って、ブラックになっていると思い込ませます。身に覚えのない架空の請求メールを受け取ったことがある人なら、本当にブラックに載っているのではないか、と思い込んでしまうでしょう。こうして実は実力でお金を借りているにも関わらず、手数料を取られているというわけです。

 

そして、本当にブラックになっていて、一般的な消費者金融から借入ができない人に対しては、闇金を紹介します。闇金と結託しているケースもあれば、そうでないケースもあります。いずれにしても、闇金から借りたお金からも手数料を搾取します。

 

借入先を探していて、もしも別の業者を紹介する、と言われたら、紹介屋による詐欺の可能性大です。

 

もしもこの手の誘いに乗って、闇金やそれ以外の金融機関からお金を借り、手数料を請求されたなら、闇金専門の弁護士に相談しましょう。闇金専門の弁護士は、紹介屋の手口についても熟知しています。

 

 

買取屋の手口と踏み倒し

090金融の踏み倒しは甘くない!借り逃げは出来ない

買取屋とは、国や都道府県に貸金業としての登録を行っていない貸金業者である闇金の一つです。
買取屋の手口は次のようなものです。

 

  1. 相談してきた多重債務者などにクレジットカードを作らせる
  2. つくったクレジットカードで、換金しやすい高額の商品や商品券、図書券などの金券等を大量に買わせる
  3. その商品を安く買い取る
  4. ディスカウントショップや金券ショップなどに転売する

 

一見合理的に見えるかもしれませんが、これはクレジットカードの利用規約違反であり、

 

絶対に利用してはいけません。

 

買取屋を利用することで、今すぐにでもお金が必要な多重債務者にとっては、すぐに現金が手に入ります。だからといって、これを便利なシステムだと思ってはいけません。

 

購入した商品の代金は、1〜2か月後にカード会社から請求されますので、実際には非常に高い金利で借金をしたのと同じことなのです。

 

また、クレジットカードで購入した商品は、支払いが終了するまではクレジットカード会社に所有権があります。したがって支払いが完了していない商品を転売して現金化すると、買取屋と共にあなたも「詐欺罪の共犯」となる場合があります。

 

くりかえしますが、買取屋は闇金であり、違法な取引を行う悪徳業者ですから決して利用してはいけません。

 

もしあなたが、現在多重債務で苦しんでいるのなら、闇金業者の誘いには絶対に乗ってはいけません。まずは新たに借金をするという発想をやめてください。そして、買取屋ではなく、すぐに闇金専門の弁護士に相談してください。すでに被害にあってしまっている場合も、できるだけ早く弁護士に相談するようにしてください。

 

現在は、メールや電話などで簡単に相談できる弁護士事務所も増えてきていて、土日に相談できるところもあります。最初の相談は無料であるなど、費用面でも相談に応じてもらえますから、まずは悩んでいないで相談してみましょう。1日でも早い相談が、闇金被害の解決につながります。