MENU

闇金に疲れたら自己破産

自己破産とは裁判所に申し立てをすることで債務を免責してもらう手続きのことです。免責とは「責任を免除する」ということであり、要するに「借金を返済する義務を無くしてもらう」ということになります。制度が持つメリットとしては何よりも返済が難しくなっている債務を支払わなくて済むこと、そして申し立てをしたのであればその時点で債権者からの取り立てが止まることなどが挙げられます。もちろんどのような場合でも無条件で...

自己破産を行う際には弁護士など専門家に依頼をすることになるのがほとんどですが、専門家に依頼を出すとなるとそれなりに費用がかかるものです。では実際弁護士に自己破産の手続きを任せたとするとどれくらいの費用になるのかと言うと、相場としては20〜50万円ほどになっています。非常に幅が広いようにも見えますが、これは地域ごとによって相場がかなり異なること、加えて弁護士報酬が一律で決まっているわけではないことが...

自己破産は非常に大きな決断であるため「家族に何か影響があるのでは」として心配をすることも多いものです。ただ実際のところ自己破産をしたから家族に何か影響が出るのかと言われると、基本的にはほとんど無いと言って良いでしょう。そもそも自己破産が個人信用情報に記録されるのはその債務者本人だけですし、自己破産の際に財産が没収されると言っても仕事や勉強に必要な財産が没収されることはありません。ただ少々注意をした...

自己破産を検討している方の多くが、申請後に自家用車は、どう取り扱われるのか疑問に感じていると思います。自己破産手続きを行った後の自家用車については、そのものに残債があるかないかで違ってきます。もし、オートローンが残っている状態で自己破産を行うと車の所有権は、債権者にある為、引き上げられてしまいます。次に、ローンを支払い終わっている場合ですが、この時の取り扱いは、そのものの価値によって変わってきます...

自己破産は裁判所を通じて手続きを行う債務整理の一つで、破産申し立てを行う事で同時廃止もしくは管財人事件として手続きが進められて行くことになるのが特徴です。同時廃止と言うのは破産申し立てを行った場合に免責が下されるものです。通常は破産管財人が裁判所により選任が行われ、財産の差し押さえおよび換金により、債権者に均等に分配される事になりますが、換価する価値を持つ財産が無い場合には同時廃止と言う手続きにな...

景気が下向きになり、生活が困窮する人が増加傾向にある日本では多重債務者も比例して増えています。返済ができなくなり、また違うところから借りて返済をしていくという自転車操業がその原因です。多重債務者に陥ると、返済というものが常に心にあり精神状態が通常ではなくなります。その多重債務者などの借金問題を抱える人を、救う措置が自己破産です。自己破産は、裁判所に認可してもらうと全ての債務がゼロになり返済がなくな...

自己破産を申し立ててそれが認められた場合には債務の一切が帳消しになります。しかしこの債務の帳消しに際して注意が必要なのが保証人の存在です。保証人とは主に高額の債務の貸し付けに際してその返済を保証する役割を持つ人となりますから、万が一その債務が返済できなくなった場合にはその保証人として返済を代わりに行う義務を負うことになります。言ってしまえば「保証人がいる債務を自己破産で帳消しにすると、今度はその保...

自己破産をすると、信用情報機関にその情報が伝わり、いわゆるブラックリストに登録されます。そのため、この状態でクレジットカードを作ろうとしても、ブラックリストによって返済能力に問題があると見なされ、審査に通ることは非常に難しくなります。ただし、それは、今後絶対にクレジットカードを持てなくなるというわけではありません。自己破産をしていても、以下の2つの手段により、クレジットカードを持つことはでき...

自己破産することによるリスクまたは被る不利益は、まず弁護士費用がかかることです。自己破産申立てをするのは自分だけで行うのはなかなか難しいので、通常は弁護士にお願いします。その際、数十万円くらいお金が必要です。自己破産する人はお金がなくて困っているわけですが、このお金を出すのがなかなか大変です。しかし日本司法センター(法テラス)では、経済的に余裕のない人のために費用立替を行う制度などがあるので相談し...

自己破産をすると、借金をゼロにできます。しかし、多くの人は借金の返済に困っても自己破産を選択しません。その理由としては、次に説明するようなデメリットがあるからです。自己破産をしたときの最も大きなデメリットが、ブラックリストに載ってしまうということでしょう。ブラックリストに載る期間は5年もしくは10年間です。消費者金融や信販会社では、5年が経過すれば審査に通るようになります。しかし、銀行の審査には1...

いわゆるサラ金などで借金が膨らみ、利息も雪だるまとなり、複数の業者から取りたてられるような場合で、お金の工面にも限度があり、親や家族の援助をしても埒があかない状態であれば、自己破産の手続きを進めるのがいいでしょう。このような状態は、二度や三度の過ちの繰り返しから起きますので、改心とか二度とやらないという誓いなどがあっても、狙われた獲物みたいなところも出てきてしまうからです。いずれにしても、きちんと...

借金を原因として離婚などに至るカップルはそれなりにいると言うのが現実です。また中には「自己破産をしたことを黙って結婚をしたが、それがばれて離婚を迫られている」といったようなケースもあります。しかしこれについて法律的な見方をしますと、基本的に自己破産の事実だけで離婚を成立させるのは難しいと言えます。その根拠となるのが民法第770条で、ここでは「裁判上の離婚」についてその条件を明記しています。例えば配...

自己破産を考える際には「今後の生活はどうなるのか」と考える人が多いのですが、実際のところ自己破産によって生活が大きく変わるのかと言われるとそうでもありません。もちろん債務が帳消しになるということで生活が楽になる、そして自己破産をしたことが信用情報に記録されて借金が出来なくなるといったことは挙げられるでしょうが、よく心配される「今後生活が大きく制限されるのではないか」という心配に関してはまずほとんど...