MENU

闇金の怖い手口

闇金の怖い手口

闇金業者は顧客を獲得し、離さないために様々な手口をつかってきます。

 

かつては暴力や脅迫を伴う手法で相手を追い込む手口が横行した時代もありましたが、

 

近年の闇金業者でそのような手法を取るところは少なく、相手から違法な業者であると悟られないように巧みに振舞ってきます

 

例えば、近年の闇金業者は、最初に信用できる業者だと思われるように、借金で悩む人の相談に丁寧に応じます。借金で悩む人は、そのことで頭の中が一杯になっており、相談先の業者が闇金業者であるかどうかを見抜く余裕はあまりありません。闇金業者はこの弱みをついて借金で悩む人に入り込んできます

 

また、近年の闇金業者は、最初のうちは貸付金額を数万円程度と少額にし、返済期間も1週間程度と短期間に設定します。そして、借り入れと返済を繰り返していくうちに、だんだん貸付金額を多くし、返済期間も長くしていきます。

 

闇金業者もお金が無ければ活動を続けられないので、回収できなかった場合のリスクを回避するために、最初は借りる側が応じやすい条件にして顧客を集めます。

 

そして、違法業者の中には、ある顧客と、この顧客に紹介された別の顧客たちとの間でグループをつくって連帯責任を負わせる手口を行う者もいます。グループが形成されると、その中で期日通りの返済ができない者がでた場合、グループの他の者が延滞者に代わって借金を返済しなければならなくなります。

 

そのため、グループのメンバーは他のメンバーに迷惑をかけないように振る舞うことを考えます。このように、違法な貸金業者は、しばしば消費者の心理につけこむ手口で顧客の獲得をはかってきます

 

闇金からの脅迫が怖いあなたへ

闇金

 

以前より、暴力的な方法で返済をする様に追い込む方法が減ってきたとはいえ、
返済が滞る様になり、闇金からの電話や連絡に出なくなると、

 

債務者への執拗な嫌がらせや脅迫が始まります

 

闇金業者は自分達が違法なことをしていることをきちんと理解しています。
なので、脅迫することで債務者が万が一、
警察に相談しようとも、その対処方法は良く分かっています。 

 

すぐに、暴力的なことはしません。やはり暴力は明確な形が残る証拠となる
違法行為だからです。

 

ただ、彼らの脅迫内容はただの脅しではありません。最終的には暴力以上に
辛い仕打ちを債務者に行います。

 

 

闇金からの脅迫に怯えているなら

闇金からの脅迫がまだ大したことは無い、お金も借りたいからなるべく穏便にすませたい。

 

と、もし考えているなら、あなたの考えは甘いです。

 

後になればなるほど、闇金の追い込みは強くなってきます。 

 

少しでも、脅迫が怖いと感じ始めているならば、闇金専門の弁護士に相談を
してみましょう。

 

相談は無料で、それでい債務者にお金の負担が無い方法も教えてくれます。

 

闇金相談

 

 

ソフト闇金の手口はもっと巧妙だ!

 

最近、取り立てを厳しくすることで弁護士法律事務所に逃げ込む債務者への対策として
闇金業者も新たな方法を考えました。

 

それが
ソフト闇金です

 

名前のとおり、ソフト(軽く借りれて、取り立てもソフト)というお金を借りたい人にとっては
有り難い業者に思えるものの、

 

家の前や会社付近での大声の取り立てや、脅迫じみた脅しは少ないものの、
お金を借りた人から巻き上げる金額は、従来の闇金より多いのです。

 

 

ソフト闇金は、お金が無い、そして、お金を返すことができないあなたに、同情して
何とか返す方法を提案します。

 

そして、
「私も○○さんから、強引にお金を返すように迫るのは辛いんです。
でも、私も1人の社員でノルマも厳しいし、何とか少しでも返せませんか?」

 

と最初は優しくソフトに返済を求めます。