MENU

闇金の借金するとどうなるの?

闇金の借金するとどうなるの?

闇金、要するに本来必要な届け出を出さずに勝手に営業している悪質な貸金業者は全国にあります。

 

利用すると大きなトラブルの原因になるということは誰もが知っていますが、

 

しかしながら簡単にお金を貸してくれるという特徴があるため多くの被害者がいるのも事実です。

 

実際のところ「そもそも闇金から借金をしたらどうなるのか」ということについてイメージが付かないという人も多く、これも闇金被害者が生まれる原因の一つとなっています。

 

それでは闇金をから借金をしたらどうなるのかと言うと、これは当然借りたお金を返さなくてはなりません。そして業者が事業としてお金を融資するのですから、そこでは利息が請求されることになります。

 

要するに借りた人は借りたお金と、その元本に応じた利息を含めて返済をすることになるのです。
これだけであれば普通の貸金業者と同じなのですが、問題になるのはその利息が極めて高額であるということです。

 

法業者である以上は法律で定められた金利を守るはずがありません
その中ではトイチと呼ばれる十日で一割やトサンと呼ばれる十日で三割などの高利での貸し付けが横行しています。

 

「短期間で完済すれば何とかなるのでは」と考えてしまう人もいるのですが、闇金からすれば一度借りてくれたお客さんは絶好の獲物です。

 

そう見られてしまえば何かにつけてお金を貸すと言ってくることになりますし、お金を借りることに慣れてしまった人はいずれ返しきれない額を借りて身を滅ぼすことになります。
こうしたことがある以上、どれだけ困っていたとしても闇金を利用してはならないのです。