MENU

闇金の取り立て方法

闇金の取り立て方法

闇金業者はもともと無許可営業している違法業者ですから、借金の取立てはルール無用です

 

深夜や早朝に督促の電話してきたりするなんて朝飯前です。

 

しかしこのような不適当な時間に電話をしてくるのは貸金業法で禁止されています。また他の金融業者から借り入れて返済を強要してくることもしばしばあります。

 

しかしこれも貸金業法で禁じられている行為なのです。また、親族などの支払義務のない人のところへ押しかけたりするのも闇金ではよくある取り立て方法ですが、これも貸金業法違反です。

 

それから最悪の場合、暴力をふるってお金を返せと迫ってくる場合もあります。暴力は、いかなる理由があっても認められるものではありません。暴力は刑法の暴行罪に該当しますし、また、このような取り立て方法はもちろん貸金業法にも違反です。

 

このように闇金がよくやる借金の無茶な取り立て方法というのは、ことごとく貸金業法などに違反しています。もしこれらの、違法な取り立てを受けたのであれば、貸金業法違反で警察などに刑事告訴することができます。

 

しかし、闇金とうのは元々監督官庁に登録すらしていない違法業者なので、存在自体が法律違反です。もうそれだけで告訴してもいいくらいです。しかし闇金からお金を借りた人というのは、貸金業者に引け目を感じているので、なかなか警察に通報したり弁護士に相談することができない場合が多いようです。

 

また、闇金の背後には暴力団などの反社会的な勢力がいる場合も多く、それが恐くて相談に踏み切れないという人もいます。しかし一度闇金に手を出してしまうと、雪だるま式に利息が増えていき、必ず返済不能に陥ってしまいます。

 

早くこの地獄から解放されるには、やはり警察や弁護士の力を借りなければ不可能です。自分だけでなんとかしようとしても、交渉にすらまともに応じてもらえない場合がほとんどでしょうし、ますます深みに嵌ってしまうことの方が多いです。

 

闇金に手を出してしまったら、とにかく恥も外聞も捨てて警察と弁護士に助けを求めるのが賢明です