MENU

嫌がらせに効果的な対策

嫌がらせに効果的な対策

闇金は返済が滞ると厳しい取り立てをしてきて、嫌がらせなども平気で行ってくるようになります。

 

元々、まともな業者ではありませんから取り立てに関してもルールを守ってするわけではなく、借りている相手のことをお構いなしに何でもしてくることになります。

 

そのため、様々な嫌がらせを受けることになってしまうのですが、直接的な危害を振るわれるというのはある意味ありがたいものとなります。

 

直接的な危害が加えられた時

暴力を振るわれたり脅されたりすれば、すぐに警察に連絡をして相手を捕まえてもらうことが出来ますから直接的な危害が加えられたという時にはすぐに警察に相談をするようにしましょう。

 

しかし、相手は馬鹿ではありませんから警察沙汰になるようなやり方をするということはなく、警察に訴えてもすぐに動くことが出来ないようなやり方をしてくるので、嫌がらせを受けると精神的に疲弊しきってしまうことになります。

 

義務自体をなくしてしまう

相手は金のために嫌がらせをしてくるので、返済さえすればすぐに嫌がらせは収まるのですが、闇金から借りたお金を返済するというのは簡単なものではありません。

 

そのような場合には返済の義務自体をなくしてしまえばいいので、弁護士に相談をして助けてもらうのが良いでしょう。
闇金からの借金は元金を含め返済する義務はありませんから、弁護士に相談をすれば相手が嫌がらせを出来無いような措置をとってもらうことが出来ます。

 

正しい法の知識が闇金の嫌がらせをやめさせる

非合法の金貸しが弁護士を恐れるのかと思うかもしれませんが、相手は摘発されるかされないかのグレーゾーンで商売を行っているので、弁護士が介入してきてはっきりと返済の義務がないとされると自由に動くことができなくなってしまい嫌がらせを働くこともできなくなります。

 

闇金に対して法律は役に立たないと思うかもしれませんが、全くその逆であり正しい法の知識が闇金の嫌がらせをやめさせるのに効果的なものとなるのです。

 

闇金の嫌がらせに悩んでいて、夜も眠れないという場合にはまず弁護士に話を聞いてもらいましょう。

 

電話の対応も覚えておきましょう

嫌がらせに効果的な対策

闇金からの電話対応方法について
闇金というのはまず違法です。違法での金利貸し付けなので闇金です。

 

正規の金融機関ではないです。

 

全額返還請求

その場合には、裁判所判例においては、元本相当も含めて、業者に対して全額返還請求が行えます。
闇金は違法なので、相手にすることはないです。それが基本原則です。

 

悪いことをしている人は、相手にしないことが大切です。

 

 

闇金業者も、悪いことをしているという認識があるので、接触方法も電話を多用します。
会うと約束してその場に行って警察が待ち構えていたらたまったものではないです。

 

したがって、電話で接触してきます。
その場合には、毅然と対応しましょう。

 

払う必要はないです。もう電話してこないでください。そうとりつくしまもなく相手しましょう。
相手も仕事なので、簡単には引き下がりません。
ここで臆してはだめです。毅然と対応しましょう。

 

法の支配の日本国においてはいかなるひとも法に従わなければいけません。
判決も裁判規範性があり、紛争解決の一つの指標です。

 

違法貸付の場合は、返還義務を負わない

その一つの指標が、違法貸付の場合には、返還義務を負わないと方向性を示しています。
それでも、争うのであれば裁判しましょうと毅然と言いましょう。

 

また、警察弁護士にも相談中ですと言います(もしくは相談を検討しています)。
闇金からの電話対応においては、毅然と相手にしないというのが電話対応の原則です。

 

下手に下手にでたら、それこそその弱みを攻めてきます。

 

そうなったら、闇金専門の弁護士に相談しましょう。
違法のプロには適法のプロに任せましょう。
素人があれこれ悩むより、お金を払ってプロに相談した方がいいです。

 

電話対応の仕方も弁護士に教えてもらいましょう。

 

また、証拠保全のために電話は録音しておきましょう。
脅迫強要されたときに、証拠が必要です。
言った言わないになります。

 

相手との電話等でのやりとりは録音しておきましょう。

 

中古で買えば安かったりしますし、使っていないスマホがあれば、普通に録音できます。