MENU

闇金被害に警察は助けてくれるか?

闇金被害に警察は助けてくれるか?

闇金の取り立てに警察が助けてくれるかというと、取り立ての仕方にもよります。
警察は民事不介入の原則がありますから、単純な金銭の貸し借りによるトラブルというのは仲裁に入ることはできません。

 

そのため、法的に問題のない取り立てを行っている以上は警察は介入をすることができませんから、そのような場合頼りにならないといえます。

 

取り立ての際に暴力を振るわれたり脅しをかけられた、あるいは何かを壊されたといった事になれば警察が介入することも可能ですからそのような時にはすぐに相談をするようにしましょう。

 

 

警察が介入の効果

しかし、実際問題としては闇金は非合法の商売をしているにもかかわらず、簡単に摘発をされないように二重三重にも気を使って金貸し業務を行っているので、取り立てに関しても警察が動けないギリギリのところをついて動いてくることになります。

 

闇金は違法な存在ではありますが、様々な抜け道を使っているので警察としてもすぐには動きづらい存在となっているのです。

 

このような理由があるため、直接的な危害が加えられたということがあればすぐに警察は助けてくれますが、実際には相手は一銭の利益にもならない暴力などを振るってくることはないので警察が直ちに役に立つということはありません。

 

暴力を振るわれないからといって安心していると、やはり相手は暴力団などをバックにつけている可能性があるわけですからどのような嫌がらせを受けるかわからないだけに安心をすることもできません。

 

 

問題を解決するには

そこで闇金の取り立てに悩んでいるというのであれば、借金問題に取り組んでいる弁護士などに相談をして見るようにしましょう。

 

弁護士であればこのような問題の専門家であり、即効性のあるアドバイスをしてもらうことができますから取り立てに怯える事もなくなります。

 

闇金が一番嫌うのは警察よりも、直接介入をしてこられる法律の専門家である弁護士などとなるので、取り立てに悩んだ時には無料相談などを受け付けている法律事務所あるいは弁護士事務所に駆け込んでみましょう。

 

 

闇金の助けなら弁護士です

090金融の踏み倒しは甘くない!借り逃げは出来ない

弁護士はオールマイティと思われがちですが、借金問題の解決実績がほとんどない方もいます。例えば、離婚弁護士と言われる方には離婚に関する相談・解決依頼が多いですが、借金の相談はほとんどこないものです。

 

借金問題なら債務整理のプロに頼むのが一番だからです。

 

ただ、債務整理の実績はそれなりに多くとも、闇金問題は敬遠する事務所も少なくありません。悪徳業者が相手なので、話し合いが面倒というのも理由でしょう。

 

 

弁護士の探し方

闇金相談できる弁護士を探すときは、ネットを利用するのがベストでしょう。
ネットでキーワード検索すれば、最寄りの弁護士から探すこともできます。

 

今は全国対応している事務所も増えてきましたが、多くの方はやはり地元の事務所を活用しています。弁護士に利用明細を提示したり、対面相談をしたりするなら、近い事務所のほうがいいのは間違いありません。

 

闇金の問題というのは、放置するほど厄介なものです。
何が一番困るかというと、払いすぎたお金の回収が困難なことでしょう。

 

貸金業登録をしている健全な業者であれば、過去にグレーゾーン金利で支払っていた分については、過払い金請求によって返還を受けられるのです。

 

しかし、闇金が相手だと違法金利の支払いをしても、回収することができません。
そもそも闇金というのは、住所に店舗を設置していないのです。
住所の記載すらない場合も多く、業者を探し出すことすら困難です。

 

警察が闇金問題の対策を後回しにしてしまう理由は、闇金自体が多すぎることに加えて、相手を突き止めることが面倒だからでしょう。

 

高額の費用と時間がかかるため、警察としても消極的になってしまうことが多いのでしょう。弁護士に依頼をすれば、最短即日で取り立てをやめさせることも可能です。

 

返済できない借金を無理に返済しようとしても、自分自身が損をするだけです。消費者金融や銀行から借りたお金なら返済する義務がありますが、悪徳業者に対して1円も返す必要はありません。