MENU

闇金による最新詐欺被害 

債権譲渡詐欺

闇金による最新詐欺被害

債権譲渡詐欺とは、闇金業者等が、クレジットカード会社等から債権を譲渡されたとしらない第三者から何等かの方法で通知され、金銭等をだましとられる詐欺です。

 

債権譲渡というのは、実際の法的に認められてる法律行為です。

 

しかし、債権譲渡されていないのにされたといい、金銭物をだまし取るというのは、犯罪です。

 

法の無知や日本国民の善良的な人を疑うことを知らない国民性を悪用した闇金業者が行っている詐欺です。

 

詐欺は完全に犯罪です。
確固たる対応しましょう。

 

債権譲渡詐欺というのは、普通に詐欺師でも行いますが、闇金等の場合には詐欺行為が悪質です。バックにインテリやくざがついていたりしてたちが悪いです。

 

その場合には、警察にまず連絡しましょう。

 

警察はそのための組織です。また無料です。

 

ただ、警察組織も債権譲渡詐欺のみを担当しているわけではないですし、公務員という性質上、あまり強くあなたを守ってくれない薄弱的な対応になる恐れがあります。

 

そこで、民間の弁護士に依頼するのもありです。その場合には、闇金専門の弁護士にいらいしましょう。

 

弁護士といえども専門専門外があります、安くない料金をはらうのであれば、闇金専門の弁護士にしましょう。

 

闇金弁護士でググればすぐに検索にでます。

 

弁護士はそのためにいます。
あなたを守ってくれると思います。

 

闇金は詐欺プラス陰湿なこともやってきます。

 

なめられると、大変なことになります。弁護士に電話一本してもらうと、表では平穏でも本音では焦っています。
捕まるからです。

 

最悪あなたに対する違法行為は薄弱化するでしょう。

 

着手金であれば20万程度でしょうか。そのお金を払って、違法行為をやめさせるのも高くは決してないと思います。

 

但し、困っているときにに人間は盲目的になるので、悪質不謹慎な弁護士もいるので、家族や信頼できるひとにも相談しておきましょう。

 

信頼しているひとに相談すると冷静になります。

 

弁護士の神ではないですし、あなたを必ず守ってくれるものではないです。

 

 

債務整理屋とは

 

整理屋とは闇金とは異なる金融業界における悪質業者の一つです。

 

整理屋というのは通常「お客様のご依頼を受けて債務整理をします」といった広告で顧客集めをしている業者で、この業者は特にさまざまな金融機関からお金を借りている多重債務者を獲物として扱っています。

 

手口としてはまず多重債務状態で返済が苦しく債務整理を考えそうな人に対して手紙や電話で連絡をして、最初は「こちらに任せていただければ債務整理をすぐにさせてもらいますよ」といった人当たりの良い言葉を使ってきます。
依頼人は債務整理が出来るならばということで依頼をして着手金などの費用を支払いますが、整理屋はそれを受けて偽物の受任通知などを金融機関に送りつけます。

 

もちろん受任通知は弁護士や司法書士などの有資格者が出してはじめて意味のあるものですから、何の資格もない整理屋が送ったところで意味はありません。

 

しかしそれを送ったということを伝えられた依頼人は安心して返済をやめてしまい、そして整理屋とは次第に連絡が取れなくなっていくわけです。

 

そうなると貸金業者からすれば意味のわからない手紙を送られただけですから、返済が滞っているということで本人に連絡をとって返済要求を出します。

 

ここにきてようやく債務者は債務整理ができていなかったことに気づくわけですが、すでに整理屋は逃げていて何の意味もない着手金などを手渡しただけといった形になるのです。

 

最悪の場合、返済が滞っていた期間分の遅延損害金が返済に上乗せされてさらに返済が苦しくなるケースもあります。

 

こうした被害に遭ってしまった場合には、まず必ず資格のある弁護士に相談するべきです。

 

債務整理を行うためにというのももちろんですし、何より整理屋の被害はれっきとした詐欺被害です。

 

自分が詐欺の被害に遭ったわけですからそのことを踏まえて返済のプランを組みなおさなくてはなりませんし、可能ならば整理屋を突き止めてお金を返してもらわねばなりません。

 

ただおおよその場合一度逃げた整理屋を捕まえるのは困難ですから、「怪しい整理屋の広告は相手にしない」ということは忘れないようにしてください。

 

 

虚偽請求

闇金による最新詐欺被害

虚偽請求とは闇金とは少し異なるものの、内容としては若干に通っている部分のある詐欺行為です。

 

ではこの虚偽請求とはどう言ったものなのかというと、ざっくりと言ってしまうと「ありもしない契約に基づいて請求をするもの」となります。

 

例えば自宅に対してある日突然郵便物が届いて、そこにインターネット上のサービス利用料や、購入した覚えのないものに関する支払い要求がくると言った具合です。

 

おおよその場合文面には「支払わないと延滞金が発生する」とあったり「無視するのならば法的手段によって支払わせる」といったことが書かれているため、自宅に届いてしまった時には焦ってしまう人が多いでしょう。

 

ただこうした請求はほとんどの場合全くのでたらめですから相手にする必要もありません。

 

一応ごく稀に本当に利用していたサービスや購入した商品に対しての支払いを忘れていたということもあるため自宅に届く請求書がすべて虚偽請求だとは言えないのですが、そうしたごく一部のケースを除けばほとんどが何の根拠もないものです。

 

むしろそこで連絡をしてしまうと相手からカモだと見られてしまうことにつながりますから、全く見に覚えがないのならばその場で請求書などを廃棄するようにしてください。

 

ただし少々注意が必要なのが裁判所からの通知が来た場合です。

 

最近では裁判所を通じて特別送達という形で虚偽請求を行う業者が増えています。

 

普通であれば支払う必要はないのですが、特別送達で請求書が来た場合にはそこに同封されている異議申立て書などを使って異議を申し立てなくては、裁判所が「この請求に関して異議が申し立てられることは無かったからその請求は有効である」と判断してしまうからです。

 

こうなると請求された側が支払わなくとも強制執行、つまり差し押さえが可能になってしまいます。

 

こうした被害から身を守るのであれば、やはり弁護士などの専門家に頼るのが一番です。

 

闇金専門の弁護士だと虚偽請求に関しても対処のノウハウがあることが多いですから、判断が難しい場合や不安を感じる場合はなるべく早めに弁護士に相談しましょう。

 

 

フィッシング詐欺とは

 

闇金による最新詐欺被害

フィッシング詐欺とは偽のメールを送り付けて偽のホームページに誘導を行い、ログインさせることでアカウント情報を盗み取る詐欺となっています。

 

何故、フィッシング詐欺に騙されるかと言いますと、偽のメールの送り主は送信者に偽装していて、名前だけでは判断できない場合が多々あります。

 

メールアドレスまで詳しくみれば分かるのですが、そこまで見ない人が多かったり、メールの内容も本物と似たようなものになっていますので、ついついクリックしてしまうのです。

 

そのクリックした先の偽のホームページも本物と全く同じようなものになっていまして、有名なショッピングサイトや銀行のホームページなど重大なアカウント情報やパスワードやクレジット情報をそこの偽のホームページで入力してログインしてしまうことで大事な情報が盗まれてしまいます。

 

盗まれた情報を元に犯人は本物のサイトで盗んだアカウント情報を入力して、電子マネーを含んださまざまな物を購入したり、イタズラをしたりするなど悪質な犯行となっています。

 

またメールアドレスからの誘導だけではなく、掲示板などにURLを書き込んだり、そのURLも本物にほぼそっくりなものにしてあったりとどうにかして騙そうとするのがフィッシング詐欺になるのです。

 

フィッシング詐欺はなんとなく見ると本物と一緒なのですが、少し違う箇所があったり、大事な入力箇所なのにSSLを使用していなかったりすることが多々ありますので、しっかりと確認して利用することが大事です。

 

以前のような闇金のような手口には騙されないけど、最新の悪質な詐欺はインターネットを利用したものとなっていますので、騙されないと思っていても騙されてしまう時があります。

 

もしフィッシング詐欺に遭ってしまったら大事な情報が盗まれている可能性が高いですから専門にしている弁護士によく相談して対応するのが良いでしょう。

 

情報が盗まれているとどこ不都合が発生するか分かりませんので迅速な対応が求められます。