MENU

年金担保金融被害なら

 

年金担保金融被害なら

年金担保金融あるいは年金担保融資というのは、基本的には現に年金を受け取っている高齢者に対して、将来の年金を担保にしてお金を貸し付けることをいいます。

 

そもそも、年金を現に受け取っている人であれば、あまり融資の必要はないのではないかと思われるかもしれませんが、例えば病気などによりまとまったお金が必要になることはあります。

 

ところで、このような融資は、実は公的な機関以外には行うことが認められていません。年金を受け取る権利というものは本人固有のものであり、やむを得ない事情がない限り担保に入れられるようなものではないという考えが根底にあります。従って、公的機関でもないのに、年金担保金融をうたっている業者は全て闇金だと言えます。

 

このような闇金は、極めてあくどい方法で年金を担保にしようとします。具体的には、単に年金受給月に返済を求めてくるというような生易しいものではなく、年金受給口座の通帳、印鑑、キャッシュカードを担保に取ります。はっきり言えば、それらを取り上げるわけです。

 

そして年金が口座に振り込まれると、闇金自ら引き出します。こうなればやりたい放題であることが分かるでしょう。たとえ完済したはずでも、口座を握られている以上、それを手元に取り戻すのは容易ではありません。

 

繰り返しますが、

 

年金担保金融は、一般の業者には認められていません。融資の際、通帳や印鑑、キャッシュカードなどの提出を求めるような業者は間違いなく闇金です。いったん提出してしまうと、その後ずっと年金を吸い取られると思っていて間違いありません。

 

このように、年金担保金融は極めて悪質なものです。しかし、多くの高齢者がこの手口に引っかかっていることも事実です。年金を立て替えますとか、高齢者でも融資可能などという業者は、この手の闇金であることが多いですから、気をつけなければなりません。

 

もし被害にあったら、闇金専門の弁護士に相談しましょう。