MENU

闇金の攻略方法

闇金の攻略方法

闇金はよほどの問題が無い限り誰にでもお金を貸してくれる業者ですから、逆にそれを利用してやろうとする人も多くいます。

 

そうした考え方を持つ人がまず最初に知りたがるのが「闇金の攻略方法」なのですが、正直なことを言ってしまうと闇金の攻略方法が無いというわけではありません

 

最高裁判決では違法金利を課し、かつ不法に利益を得ることを目的とした金銭貸借契約は無効であるとして判断を下していますから、「闇金からお金を借りても返す必要が無い」ということになっているのです。

 

そのためこの点を事前に理解したうえで、個人情報を掴ませずに立ちまわることが出来たのであれば被害に遭うどころか闇金からお金をむしり取れることも不可能ではありません

 

実はこうしたことを利用して闇金からお金をむしり取る人もいて、そうした人は俗に「借りパク師」と呼ばれています。

 

この人たちは業者からお金を借りた際にプリペイド式の携帯電話の番号を伝えるなどして個人情報を極力渡さないようにして逃げ、万が一取り立てが来た場合には警察に被害届を出すというようにしています。

 

ただこうしたことをしている人がいると言っても、それが実際に自分にできるのかと言われれば別の話です。いくら法律上では可能だと言っても、相手はそもそも法律を守っていない業者であり、しかもプロの金貸しです。

 

ほんの僅かでも情報が伝わってしまえばそこを元にして身元を割り出そうとしてきますし、もし身元がバレて踏み倒そうとしていたことも知られれば、普通では行わないほどの取り立てに踏み切ることすらあり得ます。

 

つまり闇金の攻略方法はあるものの、それを行うのは非常にリスクが大きいと言えるのです。
ただ、あなたが既に闇金にお金を借りてしまい、どうしても借金を返さない状態にあるのであれば、警察ではなく弁護士に相談をしましょう

 

借りパクされる逃げること闇金は知っています

 

借りパクや最初からお金を返さない確率がある人間には、闇金も馬鹿ではありませんから最近ではきちんと
対策を取っています。

 

最近では、借りパクをして3百万ほどのお金を闇金から搾取した人間が、監禁拉致されたという情報も
あります。

 

警察に通報しない様に、携帯を没収し監禁し、借りパク師からそのお金だけでは無く、利子も含めて
回収させ、監禁した先で強制労働をさせたという事です。

 

 

最初から借り逃げするつもりで闇金を使ってはいけません

 

既に闇金からお金を借りてしまい、現在、どうにか逃げてしまおうと思っているならば、早急に弁護士に
相談して下さい。

 

もし、取り立てが厳しくなっている様であれば、闇金はあなたが弁護士に助けを求めないか監視しています。

 

間違っても監禁されない様に、場所の安全を確認し、お金を借りた闇金の連絡先をもって
弁護士に相談しましょう