MENU

闇金から借金をした場合の返済義務はあるの?

借金の返済義務

闇金とは、監督官庁に登録することなしに貸金営業したり、出資法で定める上限金利を超えてお金を貸し付けている違法な金融業者のことをいいます。

 

闇金がターゲットにするのは、すでに普通のサラ金や商工ローン会社などから多額の借金していて返済が難しくなっているような人です。

 

このような人に電話やダイレクトメール、電柱などに貼ってある怪しげな広告などで勧誘してきます。闇金業者がやっていることは立派な犯罪です。

 

たとえば出資法に違反する金利でお金を貸した場合、10年以下の懲役または3000万円以下の罰金を払わなければいけない等の罰則があります。

 

登録しないで貸金営業そするのにも立派に罰則があります。はっきり言って、闇金から借りたお金は返済する義務はありません

 

しかし闇金に手を出す人は本当にお金に困っている人で、心に負い目がありますから、闇金業者に抗えるはずもありません。

 

また、債務者がたとえ「払わない」と言ったところで、業者側がおめおめと引き下がることは、まずありません。執拗に借金返済を迫ってきます

 

こういう業者のバックには、暴力団などの危ない勢力がついている場合も多いので、債務者が個人で対抗しようとしても不可能です。

 

まずは信頼できる弁護士に相談することが一番です。身近に信頼できる弁護士がいない場合は、各都道府県の弁護士会や法テラスに相談してみるといいです。また、闇金はそもそも違法な連中ですから、この被害にあったなら警察などにも相談するべきです。