MENU

被害例

被害例

一度借りてしまうと、なかなか縁を切ることができず、いつまでも苦しまされてしまうのが闇金の恐ろしいところです。

 

お金が無いときについ一度だけ、と借り入れをして、その後の人生を大きく変えられてしまった人もいるでしょう

 

闇金は、そもそも違法な存在であるため、一般的な常識は通用しない相手なのです。法定金利の上限を超えた金利で貸付をし、過酷な方法で取り立てを行います。

 

闇金の取り立ては、昼夜を問わず執拗に行われるため、精神的に追いつめられてしまう人も少なくありません。追いつめられて正常な判断ができなくなることこそ、彼らの狙いと考えてもよいでしょう。

 

何度も繰り返し電話で督促をしたり、自宅まで押しかけてくるだけでなく、さらなる嫌がらせなども行われます。誹謗中傷などが書かれたビラを貼り付けたりと、その手段はどんどんエスカレートしていくでしょう。

 

また、本人に対する取り立てだけでなく、血縁者の家にまで、押しかけることもあるといわれています。両親や兄弟の家にも、執拗な取り立てと訪問が行われるようになるのです。

 

さらに、その手は勤務先にまで伸び、会社に電話をかけたり、押しかけるといった行為もあるそうです。

 

ただ、これらの行為はぎりぎり違法性が問われないラインで行われることが多く、なかなか対処できないのが辛いところでしょう。闇金はなんども同じ手口を繰り返しているわけですから、どこまでやれば違法になるか、どうすれば効果的に相手を追いつめられるか知り尽くしているのです。

 

もしも闇金にお金を借りてしまったのなら、できるだけ早く専門家に相談し、縁を切る方法を探しましょう。闇金との関わりは「お金を返せばそれで終わる」というものではありません。

 

違法行為を繰り返している相手に、連絡先を握られてしまっている状態というのは、それだけで人を追い詰めるものです。全額返した後も、電話をかけてくるなどの行為がよくあるといわれています