MENU

自己破産したら闇金の取り立てはなくなるか?

自己破産したら闇金の取り立てはなくなるか?

自己破産をした場合には通常の貸金業者からの取り立ては必ず止まります

 

その根拠となるのは貸金業第二十一条第九項で、ここには噛み砕いて説明すると「債務者が自己破産などの債務整理をすることを弁護士や司法書士に依頼して、

 

その依頼を受けた弁護士や司法書士から通知が届いた場合には貸金業者はもう取り立てをしてはならない」といったことが記載されています。

 

この取り立てとしては電話や訪問はもちろんのことファックスによる督促も禁止されていますから、弁護士などに依頼して自己破産の手続きに入ったのであればその時点で取り立ては止まるのです。

 

ただこれはあくまでも法律の話であり、法律を守らない闇金業者に関しては絶対に取り立てが止まるという保証がありません。

 

実際のところ闇金業者でもそうした無理な取り立てをすると違法行為と言うことで捜査の手が入りますからあまり行わないのですが、それでも債務者に対して強硬的な手段に移る闇金はいないわけではありません。

 

ではそうした場合にはどうすれば良いのかというと、これはケースバイケースですが基本的に弁護士に対処してもらうのがベストです

 

弁護士が入って裁判を起こせば闇金は一円も回収できなくなるばかりか司法の場に引きずり出されることになりますから、弁護士が介入してくることをことさらに嫌います

 

ただもし脅迫や暴行など身体に危険が及びそうな状態であれば、迷わず警察を呼んで対応してもらうようにして下さい