MENU

自己破産しても闇金から電話がくる理由

自己破産しても闇金から電話がくる理由

債務整理の一つの方法として、借金の返済を無効にできるのが自己破産です。

 

最近の多重債務を抱える人が、一番利用している公的な手段になります。

 

確かに、資産があるときにはそれを債務に充てる必要がありますが、自己破産を選択する人のほとんどが資産を保有していることはありません。そのために、弁護士や司法書士もこれを進めてきます

 

裁判所に、申請をすることで借金の返済を免除されるのがこの制度です。ただ、申請から認可されるまでは早くても半年くらいは時間が必要になります。この自己破産のデメリットは、当然あります。

 

メリットが、借金の返済から解放されることですが、その代償としてしばらくの期間は全てのローンや借入はできなくなります。借入や、分割で物を購入するときには必ず審査があります

 

審査時に利用するのが、信用情報という期間のデータです。自己破産をするとこの信用情報にマイナス評価が記載されるからです。

 

どこの金融機関も、この信用情報を照会して審査をしています。そのために、正規の金融機関からは一切のローンなどはできなくなります。闇金から、電話やはがきが届くのは、どこからも借入ができないと知られているからです

 

自己破産をすると、一度だけ政府が発行する官報に氏名と住所が掲載されます。これで、闇金に自己破産をしたことがわかります。しかし、どこも借入ができないと思い闇金を利用すると以前よりも厳しい借金問題を抱えることになります。