MENU

グレーゾーン金利とは?闇金には関係ないの?

よく過払い金請求などの問題で「グレーゾーン金利」という言葉が出てきます。これと闇金の関係について疑問を持つ人がいますが、闇金の場合はグレーゾーンではなく確実にブラックで違法です。グレーゾーン金利とは、2008年頃まで正規の消費者金融や信販会社が貸付の際に適用していた金利の事で、今よりもかなり高金利で貸付が行われていました。これを利息制限法に則って引き直し計算し、払い過ぎた金額というのが「過払い金」になります。グレーゾーン金利も闇金も、利息を支払い過ぎている事に関しては同じですが、この二つに関しては全く違うものになります。グレーゾーン金利とは過去に法律の矛盾点のようなものを突いた金利であり、出資法の上限金利29.2%を適用して貸付られていたものです。本来は利息制限法に基づいて、借り入れ金額に応じて年利15%〜20%の範囲内に収めるべきものを、法律でグレーな部分を利用してそれよりはるかに高い金利を設定していたのが問題となったものなのです。グレーゾーン金利が当たり前だった時代では、現在と違って利息制限法に違反しても罰則が無く、出資法では上限金利を超えると罰則がありました。すなわち消費者金融が上限金利である15%〜20%を超えたとしても何のリスクも無かったのです。これに加えて「みなし弁済規定」というものが事態を更にややこしくしていました。金融庁に貸金業者の登録をしていて、更に債務者が契約内容を納得の上で利息を支払っていることがはっきりしていれば、みなし弁済規定が適用されていました。問題なのはここからで、これがもし適用された場合に、利息制限法を超える金利でも貸付する事が出来ていたのです。その結果、お金を借りる弱い立場である利用者にこれに関する拒否権は無く、高い金利での借り入れを受け入れざるを得なかったのです。しかし現在では貸金業法も出資法も改正され、厳しい規制が敷かれているのでグレーゾーン金利で営業する事は出来なくなっています。ですが法改正前にグレーゾーン金利で借り入れを行っていた場合、過払い金が発生している可能性があり、もしも消滅時効が訪れていない場合には過払い金返還請求を行う事が出来ます。このように、過去に高金利で貸付を行っていたつけを支払いながら営業されているのが現在の正規貸金業者です。しかし闇金の場合にはまったく特性も種類も違っています。そもそも金融庁などに正規業者としての登録などはされていませんし、まだグレーゾーン金利で正規業者が営業していた頃でも現在でも、出資法も上限金利も無視した営業が続けられています。正規の貸金業者は上限金利など、法律で決められたことを守って営業されています。どんなにかかっても新たに借り入れを行わずに返済を続けていれば、いずれ完済できるようになっているのが普通です。取り立てに関しても法律で決められた時間内に電話したり、裁判所などを通じた法的手段での督促を行うのが一般的です。また、債務者側も支払いが出来なくなれば弁護士などを通して債務整理を行い、穏やかに法的手段で解決する事が可能です。しかし闇金の場合は利息に関しても取り立てに関してもmyルールで営業しています。法律で定められている以上の超高金利で貸付を行い、借りた金額の何倍・何十倍もの利息を巻き上げる事を生業としています。その金利も正規業者の何十倍以上になり、支払いが出来なくなる人が大勢あらわれますが、支払いを延滞すると厳しい取り立てと、自分を含めた周囲への嫌がらせが始まります。正規の業者ならば支払いが焦げ付けば裁判所を通した通知で督促できますが、闇金業者はそのようなことは出来ませんし、逆に自分達が警察に摘発されてしまうきっかけになってしまうのでわかっていてもそんなことはしません。先ほど挙げたグレーゾーン金利の副産物である過払い金ですが、上限金利を超えた利息に関しては返還請求ができます。正規貸金業者などに請求すればゴネられる事はあっても、返還請求を行えばお金が戻ってきますが、借りた元金と正しい利息分に関しては戻ってきません。ところが闇金の場合はそもそも違法業者で何の届出も出していないため、貸金業者であるとも認められていません。過去の判例でも法律でも、正規の届出を出さずに貸金業を営んでいる業者に関しては、借りた元金も利息も返済の義務が生じないとされています。ここがグレーゾーン金利と闇金業者に支払う利息の違いとなります。そのため、回収できる可能性に関しては闇金のタチの悪さと弁護士の腕しだいですが、支払った利息全額を返還請求する事が出来るのです。当然借りた元金に関しても支払う必要は無いとされます。もしも闇金業者と関わってしまい、しつこい取り立てや嫌がらせに悩まされているようならば出来るだけ被害額が大きくならないうちに弁護士に相談するようにしましょう。闇金の案件を扱っている有能な弁護士に依頼する事が出来れば、しつこい督促などをストップさせることが可能ですし、返還請求をする事で支払ったお金が戻ってくる可能性もあります。弁護士に依頼したからといって支払ったお金まで完全に戻ってくるとは言い切れませんが、かなりの確率で闇金問題を解決する事ができますから、一度Dule法律事務所やアディーレ、ウイズユーなどの闇金問題を取り扱っている弁護士をネットで検索して検討してみましょう。