MENU

闇金の借金を滞納するとどうなる?対応方法は?闇金専門の弁護士にすぐに相談しましょう

闇金の滞納をするとどうなるのでしょうか?大抵の闇金は裏で暴力団やヤクザとつながっているため、滞納をすると高確率でえげつない嫌がらせや厳しい督促をしてきます。利用している闇金のタチの悪さにもよりますが、闇金は正規の金融機関のような穏やかな督促はしません。正規の金融業者の場合、督促のハガキで支払いを促す所から始まります。長期間延滞をすると一日に数回電話がかかってくる事がありますが、一日中電話が鳴り響き続けるようなことはありません。何度か督促のハガキなども来ますが、それでも支払いが無いと最終勧告的な雰囲気の書類がやってきます。ですがそれも無視した場合、カードなどが強制解約されてしまいます。その後の対応に関してはカード会社や消費者金融次第なのですが、強制解約後も借金の残高を分割で支払う事が出来る所と、残高を一括で請求してくる所があります。結局は利用者の支払い状況や連絡がとれるかどうかなどに応じて一括か分割のままでいくかに分かれる事も多いです。しかし高額な債務を残したまま強制解約となり、一括請求されてしまうと、もはや自分一人の力ではどうにもならなくなり、弁護士に依頼して債務整理をして借金の整理をする事になります。この一括請求を無視していると高額な遅延損害金も発生しますし、裁判を起こされた末に強制執行され、差し押さえをされてしまう事まであります。ですがこれは正規業者の話で、闇金にはこれが当てはまりません。そもそも闇金は届出を出さずに勝手に違法営業を行っています。ですから基本的にはいくら違法業者が返済が無いからと裁判を起こした所で裁判所と法律は味方をしません。大抵は闇金側が不利な方向に向かってしまいますし、業者側もそれがわかっているため、あえてリスクしかないような方法をとらないのです。ですから闇金の返済を延滞したとしても、闇金側が利用者を訴えて裁判沙汰にする事はほとんどできません。基本的に厳しい取り立てなどの威圧的で反社会的な行為に頼るしかないのです。闇金でお金を借りても、すぐに返せば大丈夫だと思っている人が多いですが、これは非常に危険な考え方で間違いのもとでもあります。闇金の金利は年利1000%〜3000%位の超高金利です。正規の貸金業者の年利は二桁ですから、これがどれだけ暴利かがよくわかります。もしも金利が10日で3割であった場合は、闇金から10万円借りたとしたら10日で3万円も支払わなければならず、一ヶ月では9万円です。たったひと月の間に貸付した金額のほとんどを回収出来てしまうような計算になります。ですが闇金はちょっとの間お金を貸すだけといった手ぬるい事はしません。借り入れを行っている人の元金を減らさず、利息だけを延々と巻き上げる事が出来れば現金回収機の完成となるわけですから、一度闇金を利用してしまった人をやすやすと手放すようなことはしないのです。大抵は利息だけ受取り、完済しようとしたり元金を返済しようとするとその分を理由をつけて断ってきます。被害者は結局いつまでたっても完済をさせてもらえず、利息の支払いに四苦八苦する羽目になるのです。闇金からの借金は高額な利息のせいでいずれ滞納してしまう可能性が高く、利息が支払えなくなると闇金は嫌がらせや恫喝などで過酷な取り立てを始めてくる可能性が極めて高いです。闇金から融資してもらう際は、お金を借りたい一心で個人情報や勤務先、家族の連絡先などを教えてしまう人が多いため、支払いを延滞し続けると、そう遠くない未来に実家や職場にまで嫌がらせが及ぶケースが大半です。電話攻撃での嫌がらせのほか、直接職場に出向いて督促してくる事もありますし、かなりしつこい嫌がらせが続くようになります。こうして債務者の心を折り、言いなりになるように仕向けようとしてきます。闇金の危険性はそれだけではありません。こういった違法業者は単独ではなく、裏でネットワークでつながっていますので、初めは闇金の中でもトイチなど、割と利息が低めな業者を利用していたとしても、延滞されてお金が回収できないと判断されると、更に悪質な業者に債権を売り渡される事まであります。こうしてどんどん闇金の質が落とされていき、最終的には非常に悪質な犯罪集団の餌食となってしまうのです。闇金からの借金を延滞していいると、場合によっては上記のような事や、さらに困った事態を引き起こしてしまいます。また、闇金でお金を借りた時点で高額な利息の支払いで延滞するしか無くなる未来が高確率で待ち受けています。このようなケースを解決できる手段として、被害者側がとれる数少ない手段が弁護士に相談する事です。闇金業者からお金を借りていると、利息が支払えるうちは良いですが、結局闇金のいいなりにお金を支払い続ければ短期間で数十万円・数百万円の被害額が出来てしまいます。そうなってから資金の回収をしようとしても、業者側が雲隠れしてしまい、回収できなくなってしまうリスクが高まります。ですから、出来るだけ被害額が少ないうちに弁護士に相談する必要があります。しかし普通にそのへんの近所の法律事務所に相談に行っても、闇金絡みの問題については相談料を取られるだけで依頼を受けてもらえない可能性があります。違法業者との交渉は弁護士にも危険がつきまとう可能性があるため、そのような業者と渡り合っていくための人脈とノウハウが無いとなかなか依頼を受ける事が出来ないのです。そのため、闇金絡みのトラブルを解決してもらうには、闇金問題の解決が出来る法律事務所に依頼しなければなりません。このような弁護士を探す場合はインターネットが非常に役に立ちます。ネットならば闇金問題解決のための依頼を受け付けている弁護士を探しやすいからです。なかなかそういった弁護士は数が少ないですが、その分闇金の手口を知り尽くした専門家である事も多いため、闇金問題解決の第一歩になります。闇金と対峙するスキルが無い弁護士だと、元本だけは返済する羽目になったり、今まで支払った利息分は諦めなければならなくなってしまうケースも多いです。しかし本来は悪質な違法業者から借りたお金は元本すら返済しなくて良いという事になっています。ですから、アディーレやDule法律事務所といった多くの弁護士が在籍している法律事務所の中から、闇金問題解決の経験と実績がある所を選び出す事が必要になります。闇金問題に関しては、被害が広がらない早いうちに相談する事が大事です。