MENU

断ったのに振り込まれた

 

断ったのに振り込まれた

「闇金」とは「ヤミ金融業者」の略称であり、貸金業者法を無視して、届け出の義務を果たさず、法外な金利を要求する業者のことを指します。

 

つまり、アンダーグラウンドな闇の業界で金融業を営んでいる業者のことを言います。ヤミ金には「ソフト闇金」と呼ばれる業者があります。

 

こういった業者は曲がりなりにも貸金業者としての運営を行っています。どうしても契約をさせようとする悪徳なヤミ金業者と違って、ソフト闇金業者は「ヤミ金で借りずに、他の手を考えた方がいい」とか「うちはこの条件なので、ムリであれば他をあたってください」とか、融資をしても返済が見込めないようなお客さんはしっかりと断ってきます。

 

法外で高利とは言え、契約時からそれを納得してもらっているお客さんで、かつ返済が見込めそうかどうかをしっかり独自審査して、融資が可能かどうかを決めてきます。元金についてはしっかりと返済させてくれます。

 

ですので、無茶苦茶とも言える契約内容になりますが、「融資する側」と「融資を受ける側」という立場での取り引きができます。ただし、本質的にはとても怖い業者であることに変わりはありませんので、万が一返済が遅れると恐ろしい取り立てが始まります。

 

ここで着目してほしいのは、

 

ソフト闇金と呼ばれている業者の恐ろしい取り立てというのは、あくまでも「融資したお金を、利息を含めてきっちり支払てもうらうため」です。当たり前と言えば当たり前と言えるかもしれません。ところが、悪徳なヤミ金業者は一味も二味も違います。

 

いや、全く別物とすら言えるかもしれません。大前提として「そもそも貸金業者ではない」ということが言えます。どういうことかと言うと、お金を融資するというのは1つのキッカケであり、それを元に利用者からお金を搾り取るというのが悪徳ヤミ金業者の目的なのです。

 

例えば融資を受けた金額を元金と利子を揃えて、期日に返済をしようとします。ところが悪徳なヤミ金業者はそれを受け付けてくれません。当日に返済先の振り込み口座を教えてもらう予定が、担当者と連絡がとれず、返済の意思があっても返済を受け付けてくれません。

 

振り込み先の口座を教えてもらっても、それは架空の口座で入金ができません。そして返済期日が過ぎてから、高額な利息分だけをちゃっかり要求されます。そしてまた次回の返済期日を案内してくるのです。

 

もうお分かりかと思いますが、

 

断ったのに振り込まれた

悪徳なヤミ金業者にとって、元金を返済されてしまうより、半永久的に高額な利息をむしり取ったり、一度でも返済が遅れると、

 

それをネタに更に高額な金銭を要求する方が都合が良いのです。そして、もちろん返済が遅れたときの取り立ては恐ろしいものがあります。

 

しかし、このときの悪徳ヤミ金業者の目的は、貸したお金を返済してほしいからではなく、「利用者を追い込んで弱らせ、ヤミ金業者の言う通りに動くように精神的に支配する」ということなのです。

 

こういった悪徳集団の被害に、利用者に取り引きの意思がなくても遭ってしまうケースが存在します。それが最近多い手口で、“無理やりにお金を振り込んでくる”というものです。高額な利息やヤミ金業者との付き合いを考えたうえで、はっきり断ったとしても、予め伝えていた銀行口座に勝手にお金を振り込んできます。

 

そして高額な利息付きの返済を要求してきます。こうなると利用者1人だけでの解決は難しいです。振り込まれたお金を返そうにも、相手の振り込み先口座が分かりません。無視をすることもできません。個人情報がいくつかバレてしまっているのであれば、あらゆる嫌がらせをしてきます。

 

自分が住んでいる部屋に顔写真付き大量の張り紙を貼られたり、勤務先へと毎日電話がかかってきたり、家族や知人にまでその嫌がらせが及んだりするのです。ヤミ金業者は「お金を払え」と要求してきますが、支払って解決するものでは決してありません。逆にターゲットとして、更に長い期間をかけて、金品や財産を奪い取られていくでしょう。

 

解決するには!

 

こういった場合、法テラスや最寄りの警察署に頼るのも1つの手です。場合によっては解決の道を辿るかもしれません。しかし確実ではありません。根本的な解決を望んでいるのであれば、ヤミ金業者に強いとされる弁護士先生に相談しましょう。

 

できれば1人や2人ではなく、それ以上の複数の弁護士先生に相談することを強くおすすめします。弁護士の名前を出したりするだけで、尻込みしてくれるような業者であれば良いのですが、ヤミ金業者はその場を凌ぐだけのような対応をして、また別の視点から利用者に迫ってきます。

 

ヤミ金業者に強い弁護士は百戦錬磨です。話が通じない相手だということは分かっていますし、相手の言っていることのどこまでが本気で、どこまでが脅しかも手に取るようにわかっています。そのうえで、ヤミ金業者がこれ以上の手出しができないような対応策を講じてくれます。

 

ヤミ金業者は怖い集団です。しかしそういった悪徳集団に強い弁護士先生を頼ることによって、不安は解消され、物事を解決の方向へ導いてくれるのです。

 

闇金相談