MENU

闇金の取り立てが怖い

 

闇金の取り立てが怖い

闇金業者とは貸金業者法を無視して、届け出を行っておらず、法外な金利を要求するという悪徳集団です。

 

某有名マンガでは街金業者が「トイチ」と言われる10日間で1割の利息をとるということで有名ですが、

 

最近では金利も高騰しており、10日間で2割とか、7日間(1週間)で2割というような法外な金利を要求する業者も多く見受けられます。

 

返済方法も業者によって違います。例えば10万円の融資の場合、普通に考えると10万円を受け取り、トイチの利息であれば10日後に11万円(元金10万円+利息1万円)を返済することで完済となります。しかし最近増えているパターンは最初に利息分を予め差し引かれてしまうというものがあります。

 

つまり10万円の取り引きだと、最初に利息分の1万円を差し引いて9万円を指定口座に振り込みし、10日後に10万円を支払うというパターンです。おまけに手数料という名目で数千円をとられてしまう場合も多いです。このような条件であったとしても、ヤミ金業者に借り入れを申し込んでしまう人とはどのような人でしょうか。

 

ヤミ金業者から借り入れをしてしまう人

 

家賃等の各種支払いが出来ておらず、今日の食費にすら困るような切羽詰まった状況の人だったり、ギャンブル依存症となって競馬やパチンコなどに狂い、元手さえされば必ず勝つんだという思いで借り入れしたり、各種返済期日が迫っているプレッシャーから一時的に逃れたくて申し込みをしたり、人生を真面目に生きるということを放棄している人だったり、色々なタイプの人が挙げられます。

 

ヤミ金業者も法外な金利を要求すれど、一応は貸金業者の体をなしているような所と、利用者からお金を絞ることしか考えていない業者など色々あります。悪徳なヤミ金集団はあの手この手で接触してきます。

 

「もう既に審査が通っていて50万円までの融資が可能です」とか「10万円以内であれば即日ご融資できます」とか「ブラックの人でも必ずご融資できます」とか、あらゆる言いまわしで何とか接触しようとしてきます。

 

中には留守番電話等に丁寧なメッセージを残している業者もありますが、実はこれはテープレコーダーで予め録音していたもので、まともそうなオペレーターが丁寧に好条件でご融資できるという説明をしてくれています。色々と考えるものです。

 

貸金業として運営している業者は少し違います。

 

貸金業として運営している業者は少し違います。

高金利という条件をのむことができなかったり、提出する確認書類を渋っていたりすると、「他を探してください」と電話を切ろうとします。

 

どうしても契約させようとする悪徳業者とは少し違います。ただしそういったヤミ金の中ではまともな部類に該当するような業者であったとしても、根本は恐ろしいヤミ金業者です。

 

割と丁寧に話してくれていたと思っていた担当者も、突然人が変わったように怒鳴り散らしたり、返済が遅れた場合の取り立ても末恐ろしいものがあり、やっぱりヤミ金業者はヤミ金業者なのです。ヤミ金業者と接点を持ってしまったのであれば、一刻も早く解消すべきです。

 

そういった業者とは通常の話し合いが全くできません。なぜそういうことが言えるのかというと、こういった実例があります。3万円の融資をヤミ金業者から受けられた人物は約束の期日に返済しようと業者に連絡をします。しかし担当者が不在で返済先の口座が分からないと伝えてきます。

 

そして振込み可能時間が過ぎてから、やっと担当者と連絡がとれますが、担当者からは驚くべき一言が発せられます。「前日までに連絡が必要だった。それは契約時に伝えたはずだ。」という具合です。予め返済先の口座を伝えていなかった業者の落ち度もあるのに、そういったことは微塵も感じさせません。

 

そうして高額な利息分だけ請求され、元金は受け取ることができないと言われてしまいます。そして次の返済期日を指定されます。今度こそは、と前日に連絡をしますが、口座は当日に教えると言われます。そして当日にようやく口座を教えてもらえますが、今度は口座に振り込みができません。つまり架空の口座なのです。
 

もうお分かりだと思いますが、

 

悪徳なヤミ金業者は別に元金を返してほしいわけではないのです。元金(貸したお金)をキッカケに色々な理由をつけて、利用者からお金をむさぼりとりたいのが本質なのです。もう、無茶苦茶です。そして1度でも返済が遅れると、鬼のような取り立てが始まります。

 

ここでも悪徳業者はお金を返してもらいたいということではなく、利用者が嫌がるような嫌がらせを続け、結果的に業者の言うことに従うように精神的に追い詰めるのです。本当に悪徳ヤミ金業者とはまともな話が不可能です。

 

こういった場合は借金問題やヤミ金業者問題に強いとされる弁護士の先生に相談しましょう。できれば複数の弁護士先生や法律事務所をあたった方が良いです。相談する場所や担当者にもよりますが、警察は思いのほか動いてくれません。

 

中にはあからさまに嫌がる警察員もいるくらいです。根本的な解決を望むのであれば、ヤミ金問題をいくつも解決してきたような専門の弁護士を選ぶべきです。