MENU

取り立てが辛い人が助かるには

 

取り立てが辛い人が助かるには一般的に、闇金とは法定金利以上の利息を取ることを目的にしている金融業者の事を指しています。

 

また通常の消費者金融と違い、違法な取り立てを行ったりする事もありますので非常に悪質な業者と言えます。

 

ただ現在でもこのような違法な業者が営業を続けられているのには理由があり、それは借りた人の知識不足や引け目などになっています。

 

まず、そもそもお金の貸付には法定金利が定められています。この法定金利を無視した貸し付けを行う業者は全て闇金業者だと判断できますが、最近では法定金利ギリギリの貸し付けを行う業者も増えています。なので、闇金業者とは気づかずに借りてしまう方も増えてきています。

 

次に、自分が借金をしたと言う引け目から業者に言われるがまま支払ってしまう方もいらっしゃいます。このような方は違法な金利だと分かっていても支払ってしまいますので、悪質な金融業者が存続している大きな理由の一つになっています。

 

通常であれば、このような業者に引っかかってしまった場合は警察に相談することになります。しかし警察では実害が無いと対応してくれる可能性は低くなります。

 

例えば法で定められた取り立て可能時間外の取り立てや中傷する内容のビラ、勤務先への過剰な催促の電話や家屋への損害など生活に支障をきたすような害が無いと警察としても動くことはできなくなっています。したがって対応が遅れる事が多く、早期の解決は期待できなくなっています。

 

被害から身を身を守る方法!

 

被害から身を身を守る方法!

しかし、そのような被害から身を守る為に闇金専門の弁護士がいます。

 

この専門の弁護士は非常に頼りになる存在で、早ければ即日遅くても数日以内に取り立てがやむ可能性があります。

 

そもそも、上記のように闇金業者は違法な存在になっています。なので裁判になれば100パーセント被害者が勝ちますが、費用面や時間、世間体などを考慮すると現実的な話ではありません。

 

また多くの場合は反社会的団体の資金源になっていますので、後々大きな問題に発展する可能性もゼロではありません。なので専門の弁護士が重要な存在になります。基本的に悪質な業者は弁護士が絡んでくることを嫌います。

 

上記のような裁判の問題もそうなのですが、それによって口座の凍結などの自体になることを避ける傾向が見られます。なので専門の弁護士はその点をついて、裁判にはしないから取り立てをやめるようにと通告します。そして、これによって違法な取り立てが収まります。

 

なお、最近では多くの弁護士事務所で無料相談を行っています。なのでまずは複数の弁護士事務所に相談をする事が良い選択になると言えます。専門の弁護士と言っても数が多いので、評判の高い弁護士から評判の低い弁護士までいます。なのでまずは色々な所に無料相談に行き、信頼できる弁護士を自分の目で探すことが良いとされています。

 

この場合は評判の高い低いを判断基準の一つとしますが、親身になって相談に乗ってくれたり具体的な提案をしてくれる弁護士の方が信頼できると言えます。また、基本的に闇金業者と専門の弁護士はある程度のコネクションを持っています。

 

これが即日に取り立てがやむ理由にもなっていて、面倒な裁判をされるよりは持ちつ持たれつの関係を維持しようと多くの業者は考えています。これは特に有名な弁護士に顕著に見られる特徴で、場合によってはその弁護士の相談したと言うだけで取り立てが緩くなる事があります。

 

それに加えて元金の返済が終わっているなら、借金そのものが無くなる可能性もあります。また、複数の弁護士に依頼することにはもう一つのメリットがあります。それは費用の問題で、基本的に借金する方は経済的に余裕がない事が多くなります。

 

弁護士費用と依頼事に必要なもの

 

いくら無料相談が出来るとは言え、実際には対応してもらう時には必ず料金が発生します。そして、この料金は各弁護士事務所によって差異があります。例えば着手金の額や実際にはかかった費用などが発生しますし、弁護士事務所によっては成功報酬などが発生する事があります。

 

なので複数の弁護士に相談し、具体的な費用の概算やその他の諸経費などを聞くことが重要なポイントになります。このポイントを押さえておくことで余計な費用を抑える事ができますし、場合によっては過払い金などでプラスの収支になる可能性もあります。

 

なお、依頼する際には自分がいくら払ったかなどの明細などが必要になります。これは専門の弁護士に依頼する時の重要な証拠とも言えるもので、交わした契約書や振り込みの明細、銀行の通帳や関連したコピーやファックスなどは捨てずに保管する事が重要になります。

 

また、これらの証拠は基本的にどこの弁護士でも必要になります。依頼人がいくら払ったか、過払い金はどれくらいあるのか、いつからいつまで払ったのかなどの情報を元に対応策を講じます。なので複数の弁護士に無料相談に行くまえに、まずは必要な書類を自分で集めておく事が大切になると言えます。