MENU

闇金相談は警察と弁護士どちらが助けてくれるの?警察は民事不介入の為、複数の闇金に強い弁護士に相談しましょう。

 

闇金相談は警察と弁護士どちらが助けてくれるの?

テレビでたまに「ヤミ金業者が逮捕」というようなニュースが流れますが、あれはヤミ金業者からお金を借りていた人が警察に相談したから逮捕になったわけではありません。

 

いくつもの苦情・クレームが発生していて、ようやく逮捕に踏み切った場合であったり、別の事件から派生して逮捕に至ったり、色々な事情でそうなっています。

 

警察は民事不介入の為、相談しても何も解決しない場合もあります。

 

しかし例えば警察署を訪れて、その場でヤミ金業者に電話をして「今警察署に相談に来ている」などと伝えれば一定の効果はあるかもしれません。しかし根本的に、かつ早急に解決したいのであれば、相談相手は警察ではないのかもしれません。

 

ヤミ金業者はそもそもが違法です。

 

法律で定められている貸金業者の届け出は、当然提出していませんし、貸金業者法に則った運営などは皆無です。あなたが、たしかにヤミ金業者からお金を借りていたとしても法律的には返す義務は無いのです。

 

しかし現実的にはそう簡単な話ではありません。借り入れを行う際に身分証明書や勤め先の情報など、個人情報を伝えているのであれば厄介です。ましてや保証人や、その代わりとなるような情報も提供しているのであれば更に問題です。

 

ヤミ金業者は相手が嫌がる行為を行い、精神的に追い詰めるプロです。警察は怖い存在なのかもしれませんが、警察から注意されるギリギリのラインまでは、お構いなしで嫌がらせをしてきます。自分の連絡先への嫌がらせだけならよいですが、自宅にその影響が及ぶと、近隣の住民やオーナーさんから煙たがられる可能性があります。

 

そして何より自宅にまで危害が及んだという事実は、あなたに精神的ショックを与えます。それから勤務先への連絡や訪問です。社内の人間には知られてしまいますし、良くない噂が社内に充満してしまうと、もしかしたら会社に居づらい状況になるかもしれません。

 

そして保証人のような人を立てていたら、自分ばかりか、その人にまで危害が及びます。何度も申し上げますが、ヤミ金業者は精神的に追い詰めるプロです。借り入れしているお金が返済できないものなら、生き地獄のような鬼の取り立てが始まります。

 

「ソフト闇金業者」と「悪徳ヤミ金業者」

 

「ソフト闇金業者」と「悪徳ヤミ金業者」

ヤミ金業者は大きく分けると「ソフト闇金業者」「悪徳ヤミ金業者」の2つに分けることが出来るかもしれません。

 

前者は暴利を要求する業者ではあっても、貸金業者として一応の体を成しています。あくまで主力事業として考えているのは「お金を貸して、その金利で商売を行う」というものです。

 

このタイプの業者は借りたお金を全額返済させてくれる業者です。当たり前ですよね。しかし悪徳ヤミ金業者は違います。そもそも貸金業者として運営する気がありません。お金を貸すというのは1つのキッカケに過ぎず、それをエサにお金を貪り獲るのが狙いです。

 

このタイプの業者はお金を全額返済させてもらえまえん。「お金を返せ返せ」と言いながら、お金を受け取ってくれないのです。一見信じられない話です。このカラクリは、全てのお金を返済されてしまうと、その契約が一旦終了してしまうからです。

 

しかし、少なからずお金を貸し出している状態を維持していれば、ずっと暴利を含めたお金を要求することができます。そして、もし期日までにに利息すらお金が支払えない時期がきたら、「待ってました」と言わんばかりで、恐ろしい取り立ての開始です。

 

しかしここでもお金を返してもらうことが目的ではありません。お金を搾り取ることが目的です。どこかで落としどころを見つけて、再び暴利を要求するパターンに戻り、こういった摂取を繰り返すのです。このように「ソフト闇金業者」と「悪徳ヤミ金業者」は明らかに違いがあります。

 

ソフト闇金業者の場合は、きちんと返済されしていれば、融資を受ける側と融資をする側の取引関係が成り立ちます。ただし、そうはいっても法外な利息を要求されることには変わりありません。たった1回か、2回くらいの取り引きであればなんとかなるかもしれませんが、ずっと取り引きを続けられるようなモデルではありません。

 

必ずどこかで返済プランは破たんし、返せなくなってしまいます。よくよく考えてほしいのですが、10日で2割とか、1週間で2割というような金利の世界なのです。悪質なヤミ金業者と比べると、「ソフト」なのかもしれませんが、お金を返せなかった場合は「ソフト」であろうが、「悪質」であろうが同じです。

 

どちらも恐ろしい取り立てが待っています。10日で2割と言っているような時点で「ソフト」という言葉が使われるのは異常です。

 

こういったヤミ金業者の問題で悩んでいるのであれば、

 

相談するのは警察ではなく弁護士が良いでしょう。そして同じ弁護士であっても、ヤミ金問題に強かったり、アンダーグラウンドな世界に特化している弁護士に頼むのが良いです。それから複数の弁護士に相談してください。

 

なるべく多くの弁護士さんの中から「この人になら任せたい」というような先生を選ぶべきです。闇金問題は警察ではなく、弁護士の先生に相談することによって解決します。早急にアクションを起こすことを願っています。