MENU

闇金の連帯保証に勝手にされた場合の解決策。複数の闇金に強い弁護士に相談しましょう。

 

連帯保証に勝手にされた

お金に関する問題で深刻度が高いものの中に闇金被害と呼ばれる物があります。

 

これは違法な金利を取ったり違法な取り立てを行う業者に関するトラブルで、大きな問題になりやすい事が特徴になります。

 

また、最近になって被害件数が増加しているのが連帯保証人に勝手にされていると言うケースがあります。

 

その手口には様々な物があり、単純に騙されたと言う場合もあれば筆跡や印鑑などを偽造されたと言うケースも見られます。そうなってしまうと闇金業者から取り立てを受けると言う事になってしまうのですが、解決策として警察に相談する事はさほど効果的とは言えなくなっています。

 

と言うのも、基本的に警察は実害が無いと対応が遅れる傾向が見られます。これは警察の怠慢ではなく相談件数が多い事が理由になっていて、実害があるなど深刻な問題に発展したものから対応すると言う事が基本的なスタンスになっています。

 

一般的に闇金業者からの被害としては昼夜を問わない電話や訪問、中傷ビラや中傷するような噂の流布などがありますが、最近ではこのような違法な取り立ては少なくなっています。これは闇金業者側でも法律の範囲内で行う事が多くなったためで、昔のように自宅や会社などにひっきりなしに電話したりビラをばらまいたりする事はほとんど無くなっています。

 

そして、この事が実害が無いと判断される理由になっています。例えば自宅を訪問された際に窓ガラスを割られたり日常生活や仕事に支障をきたすような行動があった場合は実害と判断されますが、常識的な時間内で丁寧な言葉での電話などは取締の対象にはなりません。

 

しかし、いくら法律で定めた範囲内での取り立てと言えど本人にとっては大きな問題になります。それが勝手に連帯保証人にされていた場合はなおさらで、場合によってはその後の人生に大きな影を落とす可能性があります。

 

一刻も早く解決するための重要なポイント

 

なので一刻も早く解決する事が重要なポイントになりますが、その際には闇金に強いとされている専門の弁護士に相談する事が賢明な判断になります。基本的に、専門の弁護士は知識と経験が豊富なので適切な対応を行ってくれます。

 

また、そのような方は業者側にも知られている場合がありますので、早ければ即日解決する事もあります。そもそも、一般的に闇金業者は弁護士が出てきた時点で取り立てを諦めます。これは違法な金利を取っている事が理由で、裁判になった場合に勝ち目がゼロになることを理解している事が理由になっています。なので、弁護士が出てきた事で早々に諦めると言うケースが多くなります。

 

なお、相談する際には必ず複数の弁護士事務所に相談する事が良いと言えます。基本的にこのような問題の場合、トラブルを避けるために既にいくらかは支払っていると言うケースが多くなります。なので金銭的な余裕が無いと言う場合が多く、依頼料などは少しでも抑える必要があります。

 

一般的に、多くの弁護士事務所では無料相談を受け付けています。これは依頼人にとっては非常に便利なものになっていて、良心的な事務所なら無料相談の範囲内で解決してくれる事もあります。また、無料相談を複数の事務所で行う事で費用が抑えられます。

 

弁護士費用の相場と相談の際のポイント

 

弁護士費用の相場と相談の際のポイント

基本的に、弁護に関して相場と言う物はほとんどありません。なので各事務所によって依頼料や成功報酬などが違う事が多くなります。

 

したがって複数の事務所で相談して、それらの諸費用について話を聞いておけば費用を抑えやすくなります。

 

上記のように被害者は基本的に金銭的な余裕がない事が多いので、それを少しでもカバーできるポイントは非常に重要になると言えます。ただし、基本的には依頼料や成功報酬などは過払い金などが充てられる事が多くなっています。

 

過払い金とは払う必要の無いお金を払っていた場合に発生するもので、基本的には過払い金は返還されます。この過払い金の金額は元金や利率などによって変わってきますが、最も多いケースとしては数十万円程度になっています。

 

なので依頼料や成功報酬に充てられる事が多くなり、場合によってはそれらを支払っても手元に返ってくる事があります。なお、無料相談の際には自分が交わした契約書や業者に支払った際の明細、実際にお金をやり取りした通帳や可能ならば電話の録音などを持参する事が重要なポイントになります。

 

これは上記のような過払い金の計算にも必要になりますが、業者がどのような契約を交わしたのか、どのように取り立てを行っているのかなどを把握するために必要物になります。基本的にこれらの情報を元にして対応を行いますので、一刻も早く対応して貰うためには事前に準備して持参する事が要求されます。

 

また無料相談を行った際に明細や通帳などを見せますが、これらの情報が漏れる可能性は極めて低くなります。相談の段階でコピーを取られるなどはありませんので、個人情報の面に関しては安心して提示しても大きな問題は無いとされています。