MENU

闇金から抜出す方法。法テラスや役所ではなくサルートやウイズユーなどの闇金に強い弁護士に複数相談するのがおすすめです。

 

闇金から抜出す

どうしてもお金が必要だという方が、消費者金融会社や銀行などからお金を借りることができるのに、それを飛び越えてヤミ金業者からお金を借りることはないでしょう。

 

既に色々なところから借りられる限度額まで融資を受けていて、どこからも借り入れができない場合や、

 

ギャンブルに狂ってしまって、その資金としてヤミ金からでもお金を借りたいと思っている人など、通常の思考回路や、一般的な状態でない人がヤミ金に手を出してしまいます。

 

そもそも「闇金」とは、きちんとした貸金業者ではなく、法に従わずに運営を行っている業者のことです。貸金業者は法律で国への届け出が義務付けられていますが、当然ヤミ金業者はそんなことはしていません。

 

きちんとした貸金業者は必ず届け出を行っており、認可がおりると、その業者独自の番号が与えられます。金融業者はこの番号をオフィシャルサイトや、DM等のチラシなどに明記しています。この届け出を行っていない業者からは融資を受けるべきではありません。

 

ヤミ金業者の運営の仕方

 

そしてこういった業者は貸金業者法のルールを無視して、自分たちのルールを勝手に作って運営を行っています。人気漫画の「ミナミの帝王」では萬田金融が取り立てている金利は10日間で1割(トイチ)というものです。

 

つまり10万円の借り入れを行ったら、10日後には1万円の利息分を足して、11万円を返済しなければならないのです。凄い利子です。最近テレビドラマや映画化もされた「闇金ウシジマくん」という漫画では、主人公のカウカウファイナンスの金利は「トゴ」です。

 

一瞬頭の中には「?マーク」が浮かびますが、そうです。10日間で5割の利子を払わなければならないのです。10万円を借り入れれば、10日後には15万円を返さなければなりません。そもそもお金に困って借りるわけですが、どうすればそんな利息を返せるのでしょうか。

 

もちろん今、例に挙げたのは架空の話ですが、現実の世界でもそういった暴利は存在します。貸金業者法を無視して、独自のルールで勝手に営業しているので、何でもアリの状態です。現在のヤミ金業者の金利というのは10日間で2割程度が相場ではないでしょうか。

 

それから予め利息分を差し引いた金額のみを借り入れることができて、返済期日に希望していた融資額を支払うというスタイルの業者も増えています。つまり希望融資金額10万円を10日間で2割の利息という契約で借り入れを行う場合は、予め10日間分の利息である2万円を引かれて、残りの8万円を指定した口座に振り込んでもらいます。

 

そして約束の返済期日には希望融資額であった10万円を支払うというものです。おまけに1度の取り引きで数千円の手数料を取られる場合も多いです。何度も繰り返しますが、独自のルールで運営しているのがヤミ金業者なので、もう何でもありなのです。

 

例え暴利であったとしても、まとまったお金が入ってくる予定があったり、自分の身を犠牲にしてでも返済が必要であったりで、「それでも借りたい」と思っている方は、法外すぎる条件に一定の納得感を持って融資を受けます。

 

「ソフト闇金」という言葉を聞いたことがありませんか。

 

取り立ても「闇金」そのものであり、恐ろしいものがあります。

これらの業者は、金利がソフトなわけでも、取り立てがソフトなわけでもありません。

 

金利は10日で2割というような水準ですし、取り立ても「闇金」そのものであり、恐ろしいものがあります。しかし、こういった業者は曲がりなりにも貸金業者の体を成しています。

 

ソフト闇金業者の業務は「お金を貸して、その利子と元金をしっかり支払ってもらう。もし支払いが出来なければ、遅延損害金も含め、その金額をしっかりと回収する。」というものです。無茶苦茶な事を言っているとしても、「金貸し」をメイン業務にしています。

 

ただし、「ソフト闇金」ではなく、「悪徳なヤミ金業者」というのは、利用者からお金をふんだくるのが目的です。こういった業者は、借りたお金を返済しようと思っても、何かと理由をつけて全額返済をさせてくれません。

 

そして半永久的にあまりにも高すぎる金利を要求し続けるのです。もし金利すら支払えない状態になると、恐ろしい取り立てが始まります。そして精神的に利用者を追い込みながら、コントロールしていくのです。

 

このようにヤミ金業者は一筋縄ではいきません。当たり前ですね。おまけに逮捕されるという手前あたりまでの嫌がらせは頻繁に行ってきます。向こうは精神的に相手を追い詰めるプロであり、論理も破たんしているので、通常の話ができません。できる話は向こうに都合のよい話ばかりです。

 

ヤミ金業者の生き地獄から抜け出すためには、

 

ヤミ金問題に強い、経験豊富な弁護士に依頼すべきです。法テラスや役所では解決できない可能性が高いです。ヤミ金は根本的に違法であるので、返済の支払いがありません。

 

つまり、法テラスや役所ができるアドバイスは「支払わなくて構いません。」とか「警察や、他の弁護士に相談してください。」というものでしょう。しかし、サルートやウイズユーなどのヤミ金問題に強い弁護士なら話は別です。必ずあなたの抱えている不安を解決の方向へ導いてくれます。