MENU

基礎知識:闇金には元金もかえす必要なし?

闇金には元金もかえす必要なし?

闇金業者とのトラブルを解決する際に、今まで借りたお金の扱いをどうすべきなのかは疑問になる点の一つです。

 

我々の生きる社会では「他人から借りたものは返さなければならない」という考え方が広く浸透しているため、

 

違法な貸金業者である闇金業者に対しても、借りたお金は返すべきなのではないかと考える人は大変多いです。

 

結論から述べると、闇金業者から借りたお金は元本も利息も返還する必要はなく、逆に今まで闇金業者に返済してきたお金をとりもどすことができる可能性があります

 

借りたお金の返還が不要なのは、2006(平成18)年に闇金業者に対して借主が集団で損害賠償を求めた民事訴訟について、最高裁判所が2008(平成20)年に出した判決が根拠となっています。

 

この判決では、違法な高金利苛烈な取り立てによって他者から金銭を得る行為を反倫理的行為と認定しており、この行為によって他者にお金を貸しつけることは民法で規定されている不法原因給付に当たるため、貸し付けられた者は返済する必要がないとしています。

 

また、既に返済したお金についても、その全額を損害として取り戻すことができると最高裁判所は判断しています。

 

ただし、法理論上では上記のように結論付けられてはいるものの、実際に闇金業者から返したお金を取り戻すことは非常に難しいです

 

なぜなら、闇金業者は頻繁に事務所や連絡先、担当者などを変更し、足がつかないようにする傾向にあるため、業者とアプローチをする手段が断たれてしまうと損害賠償を請求するのは困難になるからです。