MENU

総量規制対象外でお金を借りれる消費者金融

この世にはお金を融資してくれる金融機関 等は、街灯のない夜空にある無限大にある星々に匹敵するほど存在します。ですが、総量規制の対象となる金融機関も中にはあります。その事は肝に銘じておかないといけません。分かりやすく言うと、総量規制とは「貸付限度額が年収の1/3まで」という制約の事を言います。言い変えるならば「総年収のうち、1/3までしかお金を貸してくれない」という事です。いずれにせよ、貸金業法により定められている規制なので、総量規制の対象は貸金業者限定となります。
ですので、仮に総量規制の対象からはずれた金融機関でお金を借りたいのでしたら、銀行や信用金庫 等の金融機関を選択すべきで、サラリーマン金融や消費者金融 等の貸金業者を選択しない事です。つまり、総量規制対象外のローン商品とは、貸金業者以外の金融機関の商品となります。
しかしながら、総量規制の解釈には注意を払わなければなりません。貸金業者のキャッシングは総量規制がある故、年収の1/3までしか最大でも貸してくれません。とは言え、総量規制対象外である銀行のカードローン 等を利用すれば、必ずや年収の1/3を超える金額を貸してもらえる保証など、どこにもありません。いわば、仮に年収が300万円あるとして、キャッシングだと100万円以上借りる事は確実にできません。そして、カードローンならば100%借り入れができるという保証もないのです。例外は別としても、カードローンであれば、貸してくれる確率がゼロではないという意味なのです。その事を間違えてとらえてはなりません。
カードローン、キャッシングとどっちにしても、現実にいくらお金を貸してもらえるかは申込をして、審査の結果しだいであるという事なのです。カードローンは総量規制対象外とはいえ、実情は年収1/3を超える融資となると困難になる事は間違いないでしょう。
余談ですが、おまとめ専用ローンならば、貸金業者から年収の1/3を超える融資をしてくれます。というのは、おまとめ専用ローンは利用者が全面的に有益となるローン商品であり、金利が安くて利用する方々の幅も広く総量規制の対象外とされている所以なのです。ここで注意しないといけないのが、このおまとめ専用ローンは返済専用という点です。この事が一般的なキャッシングとの相違点です。故に、借り入れたお金は決して1円も自分のもとへ届くことはなく、借り入れ総額が右から左へと返済先の金融機関に自分名義で送付される仕組みになっています。さらにはキャッシングと同様に返済をし、利用枠がプラスとなっていても追加で融資をする事は不可能です。一回だけ利用したら、あとは完納するしか他ないのです。故に、自由自在にお金の借り入れを望んでいる方々にとっては不適なローンになります。
また、ローン商品は全てに審査がある事は不可欠です。たくさんの金融機関の中でも貸金業者は審査の難易度から言えば非常に低いでしょう。他方、銀行などは審査の難易度は比較的高いと言えます。ですので、総量規制の対象外である銀行のカードローンを利用したくて申請をしたとしても、低収入な方々だと審査事体にクリアできないことがあります。キャッシングにしてもカードローンにしても、自分にとって最適なローン商品を見つけたとしても、審査にクリアしなければ、意味がありません。故に、自分の収入に自信が持てない貧乏人ほど、総量規制対象外のみに意識を向けても全くの無意味です。ですので、貧乏人が銀行のカードローンを利用して1/3を超えた融資を受けたいのなら、まず手始めに、収入のUPに真摯に努めるべきです。
話は変わり、ローン商品には全部に金利が設けられています。その金利しだいで利息の負担が変動します。融資を受けるのであれば、できる限り低金利の方が絶対的に得です。
本音で語るならば、貸金業者の金利は他と比べて高めの設定であるのが現状です。ですので、貸金業者には総量規制があり、利用者の過度の借金や業者の過大な金銭の貸し出しを未然に阻止するためのものでもあるのです。
以上のように、キャッシングにせよカードローンにせよ、はたまた、銀行や貸金業者でも、個々に利点と弱点はつきものです。このことから、ローン会社やローン商品を選択する際には、ある限定された要因のみにこだわって選択するのはおすすめしません。さまざまな事を比較検討し、総合的に自分に一番のものはどれなのかを把握する必要性があります。それ故に総量規制の対象外であるローン商品を模索していく時でさえ、金利や利用枠そして審査基準の難易度など、さまざまな視点から考慮すべき事が重要となってきます。
また、金融機関から融資を受ける際、非常に大切な点は問題なく完済する事です。自分に最適だと思える返済手段が果たして本当に自分にとってふさわしいのか否かなど忘れずに前もって調べておかなくてはなりません。とにもかくにも、借金は必ずや返済義務が発生します。絶対に金銭トラブルを起こしてはなりません。返済にはくれぐれも問題のないよう気をつけましょう。