MENU

在籍確認無しの消費者金融

自分の職場に電話がかかってくるかもしれないという「在籍確認」で不安感にかられる事は多々あります。現在、カードローンを利用する前提条件に在籍確認があります。「お金は借りたいけど在籍確認はしないでほしい」という人の一部の方は「在籍確認無しで融資できます」という文句に非常に魅かれてしまうことでしょう。ですが、実情はそんな状況下でお金を健全に借りる事が可能な「正当な貸金業者」は皆無という他ありません。
仮に、そのような状況下で融資をしてくれるのであるなら、違法で悪質業者である事は間違いないでしょう。何が何でも、そのような貸金業者は利用してはいけません。もし、いつも頻繁に利用している銀行から特別な理由により在籍確認なしで融資をしますよというお話がきたのであれば考えてみてもよいでしょう。それでも、場合により高リスクがあるのではないのか注意し、慎重に対応すべきです。
在籍確認は「融資申請者がどこに居住し収入を確実に得ているのか否か、その収入はいくら位なのか」という事を確かめる為にする行為でとても重要な事です。
正当な貸金業者が無リスクで融資などしてくれるはずもないでしょう。
「この職場にはこんな方は勤めていますか?」と在籍確認するのですが、企業に勤務しているという事が分かれば、収入がある確認がとれます。そして、もし、その方が夜逃げなど行方をくらましてしまっても、探し出す何らかの手がかりにもなり得ます。
もし、行方不明になってしまったとしても、勤務先に「借金返済不能だから居場所を教えて下さい」などという事は決してありません。そういう行為事体、違法で法に遵守しなければかなり重い罰則を受ける事になるからです。要は貸金業者における在籍確認の意義は、「収入の確認からある程度の信用度の確証」という事だけですが、それだけでも「返済の根拠づけの証明」として高い価値となるのです。
収入の有無が不明な方々に融資をしたとして、その方の返済能力があるか否かは不明です。
もともと返済能力のない方々に法的手段で返済を求めたとしても無意味でしょう。収入がいくらかでもあり借金の踏み倒しをしようとする方に対しては法的手段をとって返済を求める事は可能となります。
消費者金融業者は、回収見込みのない方々へボランティアで融資をしているのではなく、「元金と融資をする事で発生する利息の利益の回収」で事業を展開しているのです。言い変えるならば、少なくとも元金だけでも返済してくれないと損失になります。故に、借金回収が不可となるリスクを少しでも皆無にするためにも在籍確認は必須事項となり得るのです。
以上のことから、在籍確認なく消費者金融から融資を受ける事は不可能であるという結果に至ります。しかしながら、「在籍確認を電話という手段でしない消費者金融」の存在があります。在籍確認は必ずしも電話でしなければならない理由はなく、他の方法でしてもかまわないのです。主に電話で在籍確認をする理由は確認を容易くできるからです。信用度の質の高さからも電話という手段をとる事が主流となるようです。
ですが、在籍確認や本人確認、そして、ローン審査の結果までも電話以外の手段をとる消費者金融業者もいます。ローン契約において電話や郵送物不要で契約可能を売り文句にしています。このような小規模な貸金業者は「WEB完結」という申込手段をとる事で在籍確認を行っています。
在籍確認や本人確認の行為は確実に行うので、書類提出(電話でない手段)という形を主流として対応しています。電話行為をする事なく対処できるという利点はある一方で、電話でのあらゆる確認をすべて書類で行う故、提出書類がたくさん必要になりますのでご注意下さい。また、このようなWEB完結は「指定の銀行口座を取引口座としなければいけません」という利用条件があるので、事前に指定の銀行に口座開設をしなければならない手間がかかります。
カードローンをする上で事前に多少の手間はかかりますが、「電話や郵便物なしでカードレス」というお金を借りる側としては最適な状況でカードローンが活用可能となります。在籍確認を行う事でカードローンを活用している事が判明してしまうというリスクを最小限にする事が可能となります。
また、「在籍確認を電話でする事でこの上なくローン活用者に不利益を及ぼす」とみなされた場合、在籍確認方法を電話せずにする事が可能と公表していなくても、電話という手段をとる事なく応じてくれるかもしれません。何事も相談してみる事が肝心です。