MENU

無職でもお金借りるには

お金を借りるのに職に就いてない人でも、借りる事ができる手段がいくらかございます。
仕事に就かず借金する事はかなりの難題な故、何かしらの仕事に就いている素振りをするなど、何らかの工作をするのがベストです。例えば、自分の家で仕事をしている申告をします。つまり自営業者と語る手段です。この手段でしたら、家での仕事をしている環境作りをしておけば、実情は仕事をしてないとしてもウソがばれてしまうリスクは小さいです。
ネットの商品販売業務ならば、いとも容易くできます。オークションで売買して収入があるようにします。お店で安い商品を買い、それをオークションに出せばよいのです。もしも、困難な場合は、自分の家の不用品や普段使わないタンスの肥やしになっているような物でも大丈夫です。仮に、古本をネットで売れば、カードローン会社の申請時に自営業の古本屋という仕事で申告が可能となります。
他には、インターネットのクラウドソーシングサービスのサイトに登録し、ライターなどの仕事をします。このようなサイトは複数ありますし、気楽に始められる自営業です。仕事内容は、各サイトに記載してありますので、自分が書きやすいものを選び、ライティングの仕事をしていきます。さまざまなテーマが提示されており、自分好みのものを選択して記事をライティングします。自分が書きやすいものから取り組んでいくとよいでしょう。始めたばかりの頃は、希望の報酬は見込めませんが、手慣れてくると継続的にライティングできるようになり、報酬と言えるような金額をもらえるようになります。この仕事の場合、自営のライターという扱いになり、職についてないというレッテルを回避できます。借金の返済能力の有無はキャッシング会社にとって一番肝心な事です。職に就いてないと収入がなくもちろん、返済する力もないと判断されて、キャッシングをする事はほぼ不可能でしょう。
ですが、仕事に就いてさえいれば、キャッシングは可能となります。自営業は会社員や公務品と比較すると、どうしてもフリになりがちですが、自営業は収入があると判断されるので、カード審査はきっとクリアできるでしょう。
なお、在宅確認は自営業の場合でもあります。在宅確認の電話は自分が仕事をすると決めた指定の場所に電話の連絡があります。在宅確認とは電話に出て応答する事を意味します。特別な事はなく簡単に済みます。ですが、自分自身で在宅確認の電話に出た方が、家族にばれる事は間違いなく無いでしょう。キャッシングやローンの申請をしたその日に即 在籍確認の電話がかかってきます。ですので、申請をした日は電話の前にいる事が望ましいでしょう。ですが、仮に家族が在宅確認の電話に出てしまったとしても、100%ばれてしまうという事ではないです。キャッシングの金融業者の方は自分の個人名を名乗り、決して社名を語る事はないからです。単に貴方の氏名を言い、そこにいますかなどの質問をするだけです。
そして、貴方と電話を代わるでしょう。在宅確認は、貴方自身の名前を言うだけで終りです。
後で家族には、友人からの電話と説明しておけばよいのです。
また、ローン金額をできるだけ少額にする事で、今まで記してきた工作をせずに唯一、借金が可能となります。具体的な金額は10万円以下がベストです。ローンの金額が少額ほど、返済は楽になるので融資ができるケースがあるのです。仕事に就いていない場合、ローン額は少な目が理想です。ローン金額が多額になるほどに返済も比例して大変になります。
仮に、何も仕事に就いていないとしても、無職と公言する事はできるだけ回避して自営業と名乗った方が審査にもクリアしやすいしよいですよ。
また、別の方法としては派遣会社に登録しましょう。多少の手間はかかりますが、間違いない手段です。もちろん、派遣の登録をするのみで仕事に就かなければいけない決まりもありません。キャッシング会社に申請する際、登録した派遣会社の電話番号を勤務先の欄に記入します。その電話番号は在籍確認の際、力を発揮してくれる事でしょう。キャッシング会社の方はその会社に在籍確認の電話を入れるので無職とはなりません。ところが、ローン審査の厳しい会社の場合、具体的にどこの会社の派遣でのお仕事をされているのか調査するケースがあります。このようなケースだと、間違いなく仕事に就いていない事が発覚し、ローンを組む事は不可能となります。ですので、できるだけゆるいローン審査の会社を探す事をおススメします。できれば銀行系ではなく、消費者金融系統のローン会社を選択するのがいいです。アルバイトやパートの方でもローンを組みやすいのは審査が比較的緩い消費者金融系の会社です。アルバイトやパート社員同様派遣社員はローン審査にクリアし易いです。そして、一番に気をつけるべき事は、可能な限り少額の借金の申請をする事です。借金が少額であれば、融資を受けやすくなり、完済可能な確率が高いです。ローンをした以上、たとえ職に就いていない状況であれ、借金の返済はする必要があります。銀行などの金融機関は利息が低く借金の返済がし易い点が利点ですが、ローン審査は厳しめの所が大多数です。ですが、例外的にローン審査がゆるい会社もあるので、できるだけローン審査がクリアし易い会社を探し出して申請する方が賢いです。どうしても、消費者金融系統の会社は高めの利息を設定している事が難点です。