MENU

個人間融資

お金を借りたい時ってどんな手段があるのでしょうか。基本的には、銀行のローンを活用したり、友や親族からお金を貸してもらったり、場合によってはサラ金業者にまで手を出してしまうかもしれません。ですが、人によってはどこからも誰からもお金を借りる事が不可能な事態に陥っている方々もいます。では、そんな方々がお金を借りる事って、一切できないのでしょうか。ここで個人間融資という存在があり、個々の人同士でお金の貸し借りができる手段でどこへいってもお金を貸してくれないブラックのような方でさえ、お金を借りる事が実現できる素晴らしい手段です。先に記した友や親類からお金を借りると同様の事ではなく赤の他人という全く知らない人々の間でお金の取引をするのがまさに、個人間融資なのです。
一例を挙げるのならば、Aさんはお金を貸してもらいたくて、ネット上にお金をどなたか貸して下さいというメッセージをBBSなどの掲示板に書きます。借りたい金額とその理由、そして返済期日なども併せて入力します。BBSを見たBさんはAさんにお金を貸したいと思い立ちAさんにメッセージを送信します。そして、AさんとBさん双方で金利をいくらにするのか、融資の手段は振り込みでOKなのか?その他にも返済金額や一括返済に限るなどの返済手段 等 あらゆる条件を話し合い、双方の合意のもとに融資の決定となります。逆のパターンとして、お金を貸したい人がBBSに書きそれを見つけたお金を借りたい人がメッセージを送る事があります。
個人間取引は融資における審査など一切なく個々の裁量によりお金を貸すか否かが決まります。故に、銀行から融資を拒まれた方から消費者金融でさえ相手にしてくれないような多重債務者や自己破産をした方々、つまりブラックでもお金を借りる事が可能になるのです。このような点が個人間融資の最大の利点となります。
もちろんその反面、弱点もあります。真に奉仕の心を持ってお金を貸してくれるような方々が世の中にはそう容易くいるはずもありません。数多くの悪徳業者や詐欺が貸す側と借り側双方に存在しているのが現状です。仮にトラブルになった場合、当事者一個人同士で対処する必要性が生じます。このように絶対に安心で安全という確証が常にない事が最大の弱点になります。
では、トラブルに陥った場合、実際にどのようなケースがあるのでしょうか。
融資における手数料や保証金詐欺が挙げられます。この場合、融資を受けるどころか気づけば、騙されてお金や個人情報を盗られてしまったという始末です。本人確認の必要性を迫られ保険証や免許証、パスポートのコピーなどを郵送するように命じられ送ったら最後、音信不通になるのが落ちです。盗まれた情報は偽装や身に覚えのない借金、さらなる悪徳業者への情報の漏えいなど悪用されてしまうでしょう。また、女性の場合、わいせつ目的で融資をする人も存在します。お金がほしいのならば、わいせつ行為をさせろだの、わいせつな写真を送れなどの要求を突き付けてきます。ケースによっては個人と偽り実は悪徳業者だったりという事もあります。このような場合は融資してくれますが、違法な金利を要求してきたり恐喝や脅しにくる事が多々あります。そして、融資の代わりに銀行口座や携帯を催促してきて振り込め詐欺などに悪用されてしまう懸念があります。本来、口座の売買は違法で禁止であり気づかないうちに犯罪に関与してしまう可能性が高いでしょう。
では、上記のようなトラブルを回避し個人間融資を受ける事は可能なのでしょうか。
貸主の良し悪しの判断をする事は非常に困難を極めるでしょう。一番に注意すべきは、条件の良すぎるいいお話には絶対に乗らない事です。例えば、別の金融業者で融資を拒まれていたり自己破産しているなど返済できる見込みがほとんど皆無に等しい方にも融資しますというような貸主には必ずなんらかの裏があると思いましょう。普通に考えても、返済できそうもない人にお金を貸したいという人などいないでしょう。お金と引き換えに個人情報やわいせつ行為を求めてきても絶対に言う通りになってはいけません。大手消費者金融業者名や法人などの会社名を提示している際も用心すべきです。適法な消費者金融業者は金融庁のHPでいつでも確認できます。調べてみて損はないです。また、不特定多数が閲覧可能な所に電話番号などの個人情報の掲載や個人の貸主にもかかわらず24時間対応可能という所はまず怪しいと考えるべきです。これらは全て悪質業者が個人と名乗っています。金利も適法か調べましょう。元本の額に対しての金利は利息制限法で定められています。金利が違法である場合は早々に融資契約を解消しましょう。
上記の事から個人間融資はとても危険で、何らかの損害を受ける可能性が大です。違法との意見も飛び交っています。決して、おすすめの融資方法ではなく、個人間融資はしない方が良いです。仮に、どこからもお金を借りる事が不可能で、藁にも縋る思いで個人間融資を検討するのでしたら、本当に最善の方法であるのか、唯一の方法であるのかをじっくりと考えてみる事は大切です。また、被害に遭わないようにとても慎重に行動する事が重要です。
万が一、悪質業者の被害者となってしまったら、出来るだけ早く警察や、弁護士さんなどに相談に行きましょう。無料相談は法テラスなどで行っています。必ずや、トラブルの解決の糸口が見つかるでしょう。