MENU

借り逃げは出来る?危険性

借り逃げは出来る?危険性

闇金からの借り逃げは出来ますが、容易ではありません。なぜなら、裏に暴力団が絡んでいることが多いからです。暴力団というのは犯罪を平気で行う連中です。なので、容易に借り逃げすることは出来ません。弁護士を雇ったとしてもよういではないでしょう。

 

ただ、闇金が貸しているお金は法外な高利子が入ってくるので基本的に返済の義理はありません。

 

闇金自体が犯罪なので、そんなところに返す義理は全くありません。

 

返す義理はないと言いましたが、ここで怖いのは暴力団です。大抵の闇金は暴力団が付きものなので、返さないなんて言ったら殺される可能性が極めて高いでしょう。

 

取り立て自体も正規の金融業者や銀行よりも厳しくて利息も法外に高いです。利息が高いので返済も困難ですが、それ以前に取り立てがあまりにも厳しすぎるので容易には借り逃げは出来ませんし、そんなの暴力団が許すはずがありません。

 

借り逃げとなればまず間違いなく殺しにかかりに行くでしょう。

借り逃げをうまく成功させるには警察と弁護士に相談することです。

 

これも相当リスクがありますが、やるにはもうこの方法しかありません。警察かって、暴力団を撲滅したいと考えている人も多いですし、法律が絡むとなれば一気に闇金や暴力団の勢力が衰えます。

 

借り逃げすることは、社会貢献や犯罪組織の撲滅に役に立ちます。

 

ただし、必ず、警察官や弁護士に相談することが必要です。個人で借り逃げすること自体は容易ではありません。これはあまりにもリスクが高いのでおすすめしません。

 

借り逃げのリスク

 

闇金業者と違い通常の貸金業者では法律の範囲内の金利でしか債務者にお金を貸すことはありません。

 

これは法定金利以上の金利を破ると大変大きなペナルティが科せられるからで、最高裁でもそのような金利を請求する業者に対しては利息はもちろん元本すら返さなくてよいという判決を出しています。

 

ですので通常の貸金業者というのは特にこの点を厳守しますが、しかし090金融を代表とする闇金業者というのは法定金利をはるかに上回る滅茶苦茶な金利でお金を貸し付けてくるのです。

 

当然違法ですし、闇金業者というのは存在そのものが違法ですのでたとえ借りたとしてもお金を返す法的根拠は一切ありません。

 

このことからちょっと悪知恵を働かせ、あえて闇金業者からお金を借り、その後返済することなく踏み倒してしまおう、といった考えを頭によぎらせる方もいるかも知れませんが、

 

これはあまりにも危険ですので絶対やめましょう。

 

相手は違法を承知でお金を貸し付けてきており、また暴力団といった非合法な集団が母体、もしくは業者自身がそうである場合もあり、率直に言って素人がどうこうできる相手ではありません。

 

闇社会の住人達ですからあらゆる方法を使ってお金を回収しようと行動し、貸金業法を全く意識することなく債務者にプレッシャーを与えてくるのです。

 

自分だけでなく会社や家族にも迷惑がかかり、

最悪命を失う危険性もゼロではありません。

 

もし闇金業者と知らずにお金を借りてしまった場合、泣き寝入りして返すのではなくまずは弁護士に相談することを強くおすすめします。

 

 

借り逃げするぐらいなら弁護士へ

借り逃げは出来る?危険性

闇金にお金を借りてしまうと高金利から、すぐに借金地獄に陥ってしまうものですがそうなるとどうすることもできなくなってしまって、借り逃げをしようと考えてしまうものです。

 

しかし、闇金相手に借り逃げをするというのは非常にリスクの高いものであり、相手は元より非合法を承知でお金を化しているわけですから逃げようとする相手に対しても手荒な方法で取り立ててこないとは限りません。

 

現実的には闇金といえどもビジネスですから、回収にかかるコストが上回るようであれば相手も諦めないわけではありませんが、問題は相手が諦めたかどうかを知るすべがないので逃げた場合には一生取り立てに怯える事になってしまうのです。

 

そこで、闇金からお金を借りてしまってにっちもさっちもいかない状態になってしまった時には、弁護士に相談をして合法的な手段で解決をするようにしましょう。

 

闇金で悩んでいる人というのは当然お金に困っているケースが多いので、弁護士もそれを考慮してくれるので依頼にかかる費用を捻出できずに相談ができないということはありません。

 

非合法な手段で融資を行っている闇金は法律の専門家である弁護士が間に入ってくるとそれ以上強引なやり方をすることができなくなってしまうので、借金から逃れることが出来るのです。

 

個人が借り逃げをしようとするとどこまでも追ってこられる恐怖が有りますが、弁護士に依頼をすれば安心して夜も眠ることが出来るようになります。